ムルソー 2002 コシュ デュリ 白ワイン tp S 低価,正規品

極上の熟成ムルソー! 恐らく、誰もが認める ブルゴーニュ最高峰の造り手 は、このコシュ・デュリだと思います。 誰もが、 『いつかは飲みたい!』 と憧れるものの、生産量が少ない為、お目にかかれる事すら少ない…(涙) そんなコシュ・デュリから… 16年熟成の極上ムルソーが入荷! これほどの 長期熟成を経たコシュ・デュリのムルソー に出会う事は、よほどの事が無い限り、無いと思います。 そんな訳で、 ブルゴーニュ愛好家 は、迷わずお買い求め下さい! 世界的な人気で、その価格も相当なものの、やはりその実力を味わえば、引く手数多なのも納得せざるを得ない生産者、コシュ・デュリ。 今回の1本も、香味や風味がこれ以上ないほどにたっぷりと詰まった、コシュ・デュリ感たっぷりの美味しさです! スモークしたナッツ や炒った栗、 レモンカードや澄ましバター 、少し焼いた肉の香りのような芳しさも感じる、 リッチかつ力強い香り がグッと立ち上がります。 味わいにも、これ以上ないほどに味わいが詰まっており、香りのニュアンスに加え、 カカオなどの芳しい風味 、たっぷりと塩味のあるミネラルが全体的に溶け込み、 長い長い余韻 に繋がります。 村名ムルソーでこの味わいですから、一級物だとどうなるのか… ぜひ味わってみて下さいね!! (2018年4月23日試飲) INFORMATIONNameMeursault Coche Duryブドウ品種シャルドネ100% 生産者名コシュ・デュリ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ムルソーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Meursault内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムルソー 2002 コシュ デュリ 白ワイン tp S 低価,正規品

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ カイユレ 2006 ラ プス ドール 白ワイン S tp 低価,人気セール

ほど良い熟成感♪ ジェラール・ポテル氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなったというワイン好きは、多いと思います。 実際、私もそうでした…(汗) でも、 実は、今も凄いの造ってます♪ この2006年のレ・カイユレも、素晴らしい! 少量のみの入荷 なので、買えた人はラッキーかも〜♪ INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Les Caillerets Pousse d'Orブドウ品種シャルドネ生産者名プス・ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/レ・カイユレRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Les Caillerets内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ カイユレ 2006 ラ プス ドール 白ワイン S tp 低価,人気セール

ニュイ サン ジョルジュ レ ブド 1977 シャルル ノエラ 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S 2019,正規品

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameNuits St Georges Les Boudots Charles Noellatブドウ品種ピノ・ノワール生産者名シャルル ノエラ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 幻の造り手! 実際に飲むと… 本当に、美味しいです♪ 先日、スタッフとともに、 とっても貴重なワイン を飲む機会に恵まれました! そのワインとは、 『幻』 と、言われる、シャルル・ノエラの、ヴォーヌ・ロマネ・レ・ジュヌヴリエール1978です! シャルル・ノエラと言えば、 1988年にルロワが買収 、ドメーヌの歴史を閉じたので、今回の、ヴィンテージは、その丁度10年前! 【プロの評価】 『1978年は、間違いなく、20世紀最高のヴィンテージのひとつだ。』 (『ブルゴーニュワイン100年のヴィンテージ』ジャッキー・リゴー氏著) と、言われるほど、 ブルゴーニュ屈指の素晴らしい、ヴィンテージです!! 皆が見守る中、コルクを慎重に抜き、グラスへ。 各自、香りをかぎ、無言で味わう事、しばし。 【飲んだ感想】 『おぉ…』 『さすが…』 『もっと枯れてるかと思った。さすが生命力、ありますね!』 『いいですね〜、綺麗に熟成した、ブルゴーニュ!さすが、シャルル・ノエラ!!』 と、皆、 その魅力にぞっこん(笑) まだ入りたての、 ワイン勉強中スタッフは… 『今までに飲んだことのない味です!』 と、言ってました(笑) 外観は、かなり色合いは明るく、味わいには、 よい熟成を重ねた甘み を感じ、繊細でエレガントな中に、凛としたブレの無さを感じさせます。 時間とともに、 花のような香りも広がり 、開いてくる様は、まるで、歩くたびにしなやかに揺れる、 茜色の美しい薄衣を羽織った女性 とでも言いたくなるような、佇まいでした♪ ヴォーヌ・ロマネ・ロマネ・レ・ジュヌヴリエールは、ミッシェル・グロのモノポール、 クロ・デ・レアの道を挟んでお向かい だとか。 皆でゆっくりと堪能した後、ボトルに残していた、残り半分を再度皆で分け、1本の中でも、上部と途中、更に澱近くなどの色合い、味わいの変化も見つつ、 熟成ワインの繊細さ も確認、とっても 有意義な時間となりました。 そこで! 私達も、その魅力を満喫した、ヴォーヌ・ロマネ・レ・ジュヌヴリエール1978シャルル・ノエラを、ご用意しました!! 中々手に入れる事の出来ないワインです。 もちろん、瓶差はあると思いますが、少なくとも、ブルゴーニュ好きなら、ただでさえ 貴重な『幻』のドメーヌ 、しかも、 当たり年1978年 ですから、見つけた今を逃すと、後で後悔しかねません! 今、いったい、世界に何本残っているのか分かりませんが、今後ますます、 『幻』度が上がる事だけは間違いない、1本です! ■【古酒の会】1978&1975を利く!■ スタッフ勉強会の様子はこちらから! ニュイ サン ジョルジュ レ ブド 1977 シャルル ノエラ 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S 2019,正規品

シャブリ グラン クリュ レ プリューズ 2007 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン tp S 100%新品,高品質

INFORMATIONNameChablis Grand Cru les Preuses Dauvissatブドウ品種シャルドネ生産者名ヴァンサン・ドーヴィサ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/シャブリ/レ・プリューズRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chablis/Les Preuses内容量750mlWA-/Issue -WS93/Issue Web Only - 2010※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑) シャブリ グラン クリュ レ プリューズ 2007 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン tp S 100%新品,高品質

サン ロマン コンブ バザン ブラン 2016 シャントレーヴ 白ワイン 新作登場,人気セール

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ ACブルとは打って変わって 本格派の香りに満ちている 。ワインそれぞれに役目があるのだ。というワケで、 ミネラルのプチ塊がここにも 。 口に含むとジューシー。そして美しい酸がキラリ 。その結果、このワインも 身体染み入りワイン なのだ。今は香りで感じたほどのミネラル感が味にはまだないが、今後調和がとれて出てくると思う。それでもこの ピュアさ が補って余りある。 ◆今飲んで:89点 ◆ポテンシャル:89+点 ◆飲み頃予想:今〜2035年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameSaint-Romain Combe Bazin Blanc Chanterevesブドウ品種シャルドネ生産者名シャントレーヴ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint-Romain内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating サン ロマン コンブ バザン ブラン 2016 シャントレーヴ 白ワイン 新作登場,人気セール

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ ガレンヌ 2015 ドメーヌ デュック ド マジェンダ ルイ ジャド 白ワイン tp 品質保証,低価

INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Clos de la Garenne Domaine Duc de Magenta (Louis Jadot) ブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・デュック・ド・マジェンダ(ルイ・ジャド)産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/クロ・ド・ラ・ガレンヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Clos de la Garenne内容量750mlWA(90 - 92)/Issue 31st Dec 2016WS93/Issue Mar 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ ガレンヌ 2015 ドメーヌ デュック ド マジェンダ ルイ ジャド 白ワイン tp 品質保証,低価

ムーラン ア ヴァン クロ ド ロシュグレ シャトー デ ジャック 2016 ルイ ジャド 赤ワイン S 驚きの破格値,正規品

INFORMATIONNameMoulin a Vent Clos de Rochegres Chateau des Jacques Louis Jadotブドウ品種ガメイ/ピノ ノワール生産者名ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/ボジョレー/ムーラン・ア・ヴァン/クロ・ド・ロシュグレRegionFrance/Bourgogne/Beaujolais/Moulin a Vent/Clos de Rochegres内容量750mlWA92/Issue 22nd Sep 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムーラン ア ヴァン クロ ド ロシュグレ シャトー デ ジャック 2016 ルイ ジャド 赤ワイン S 驚きの破格値,正規品

エシェゾー グラン クリュ 2015 ドメーヌ アルヌー ラショー 赤ワイン 新作入荷,100%新品

『いや〜、すげえいいいっす。』 ドメーヌ・アルヌー・ラショーから、 優良年と言われる2015年 が、ズラ〜ッと入荷したのでご紹介致します。 2015年以降のブルゴーニュの出来映えや、価格などを考えると、2015年って、 絶対に買っておくべきヴィンテージ だと思いますよ♪ ■『リアルワインガイド61号』より抜粋■ これは開いているのでメチャいい香り。 ミネラルの気品とツヤで高級感がハンパない 。 いや〜、すげえいいいっす。 口に含むと液体はやや硬いがそれでも 柔らかさ をなぜか感じ、ミネラル感もたっぷり。加えて高級感もたっぷり。 お見事 。 (17年6月試飲) ◆今飲んで:93+点 ◆ポテンシャル:95点 ◆飲み頃予想:2025〜2055年 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Domaine Arnoux Lachauxブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・アルヌー・ラショー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA94+/Issue 27th Apr 2018WS95/Issue May 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『一回り小さなロマネ・コンティ』 と評される実力派! ブルゴーニュ好きは、必飲!! ご存知ですか? そのワインのスタイルから 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれる造り手がある事を。 その名は、ヴォーヌ・ロマネを拠点とする、ロベール・アルヌー! 特級畑などが醸し出す、その 官能的な味わい が、多くの人を魅了、そのスタイルを例え、こう呼ばれるのです。 そのワインのスタイルから… 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれるワインを手掛ける、ロベール・アルヌー。 200年続くドメーヌ の5代目として、その評価を更に向上させているのが、現当主パスカル・ラショー氏です。 アルヌーと言えば、 ピノ・ノワールの原種 に近い伝統的なピノ・ノワールで小粒で果皮が厚く、深みのある味わいを生み出してくれるにも関わらず、栽培の難しさなどで、一時、ほとんどの生産者が栽培しなくなった品種、 『ピノ・ファン』 の栽培者としても知られており、この品種を使った、ACブルゴーニュなどは、質の良さから、根強い人気を誇ります。 アルヌーでは、所有の数区画で『ピノ・ファン品種』を育て続けており、 60年以上の樹齢 となっている事も、ワインの豊かな味わいの、大きな要素になっています。 ロベール・アルヌーの 『ピノ・ファン品種』を使用しているワイン を調べてみると… 【ピノ・ファン使用の畑】 ・ロマネ・サン・ヴィヴァン ・ヴォーヌ・ロマネ・レ・スショ ・ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ポワゼ ・ブルゴーニュ・ルージュ そのワインは、『神の雫』でも大絶賛の、 最上級の『ロマネ・サンヴィヴァン』 の畑をはじめ、 最もお手頃な『ブルゴーニュ・ルージュ』 まで、各クラスにおいて、アルヌーの実力を実感できる美味しさ。 そして、今もなお、確実にその実力を揺ぎ無いものにしています。 そんなロベール・アルヌーの、2005年と2006年が、入荷しました! これに先駆け、2006年と2005年のいくつかを試飲する機会に恵まれたのですが、ブルゴーニュの大当たり年、2005年の素晴らしい出来は勿論の事、2006年の完成度に、アルヌーの真の実力を見た気がしました。 アルヌーの2006年は、間違いなく上出来です! ブルゴーニュ・ルージュ・ピノ・ファンの魅力を、2006年も確認し、そのかなりの上出来振りに、 コスト・パフォーマンスの高さ を、改めて実感しました♪ そして、もうひとつの発見は、『ニュイ・サン・ジョルジュ』の数々の美味しさ! 『ヴォーヌ・ロマネ』を拠点にするアルヌーなだけに、 見過ごされがちな『ニュイ・サン・ジョルジュ』 ですが、『ヴォーヌ・ロマネ』ものより、比較的手頃で、アルヌーの魅力が詰め込まれた美しさは、 要チェックです 。 2005年だけでなく、2006年に見せたアルヌーの完成度が、安定した実力を物語っています。 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 ワイン好きは、是非、お試しあれ〜♪ エシェゾー グラン クリュ 2015 ドメーヌ アルヌー ラショー 赤ワイン 新作入荷,100%新品

ヴォーヌ ロマネ レ オート メジエール 2015 ドメーヌ アルヌー ラショー 赤ワイン 大人気,新作登場

『教科書のような香り』 ドメーヌ・アルヌー・ラショーから、 優良年と言われる2015年 が、ズラ〜ッと入荷したのでご紹介致します。 2015年以降のブルゴーニュの出来映えや、価格などを考えると、2015年って、 絶対に買っておくべきヴィンテージ だと思いますよ♪ ■『リアルワインガイド61号』より抜粋■ V.Rの教科書のような香り(これはこれまで何度も使ったフレーズで使用過多)。 あ〜、 いい香りなのだ 。 口に含むと液体はやや小ぢんまりとした状態にも係わらず、 甘みがあってやたらと美味しい 。この甘みは15年ウンヌンではなく、ここの果実の本来性のもの。そして ミネラルでツヤツヤしており気品もたっぷり 。これもメチャ良く出来た村名ワイン。 (17年6月試飲) ◆今飲んで:91点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 INFORMATIONNameVosne Romanee Les Hautes Maizieres Domaine Arnoux Lachauxブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・アルヌー・ラショー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/レ・オート・メズィエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Les Haute Maizieres内容量750mlWA−/Issue −WS92/Issue May 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『一回り小さなロマネ・コンティ』 と評される実力派! ブルゴーニュ好きは、必飲!! ご存知ですか? そのワインのスタイルから 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれる造り手がある事を。 その名は、ヴォーヌ・ロマネを拠点とする、ロベール・アルヌー! 特級畑などが醸し出す、その 官能的な味わい が、多くの人を魅了、そのスタイルを例え、こう呼ばれるのです。 そのワインのスタイルから… 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれるワインを手掛ける、ロベール・アルヌー。 200年続くドメーヌ の5代目として、その評価を更に向上させているのが、現当主パスカル・ラショー氏です。 アルヌーと言えば、 ピノ・ノワールの原種 に近い伝統的なピノ・ノワールで小粒で果皮が厚く、深みのある味わいを生み出してくれるにも関わらず、栽培の難しさなどで、一時、ほとんどの生産者が栽培しなくなった品種、 『ピノ・ファン』 の栽培者としても知られており、この品種を使った、ACブルゴーニュなどは、質の良さから、根強い人気を誇ります。 アルヌーでは、所有の数区画で『ピノ・ファン品種』を育て続けており、 60年以上の樹齢 となっている事も、ワインの豊かな味わいの、大きな要素になっています。 ロベール・アルヌーの 『ピノ・ファン品種』を使用しているワイン を調べてみると… 【ピノ・ファン使用の畑】 ・ロマネ・サン・ヴィヴァン ・ヴォーヌ・ロマネ・レ・スショ ・ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ポワゼ ・ブルゴーニュ・ルージュ そのワインは、『神の雫』でも大絶賛の、 最上級の『ロマネ・サンヴィヴァン』 の畑をはじめ、 最もお手頃な『ブルゴーニュ・ルージュ』 まで、各クラスにおいて、アルヌーの実力を実感できる美味しさ。 そして、今もなお、確実にその実力を揺ぎ無いものにしています。 そんなロベール・アルヌーの、2005年と2006年が、入荷しました! これに先駆け、2006年と2005年のいくつかを試飲する機会に恵まれたのですが、ブルゴーニュの大当たり年、2005年の素晴らしい出来は勿論の事、2006年の完成度に、アルヌーの真の実力を見た気がしました。 アルヌーの2006年は、間違いなく上出来です! ブルゴーニュ・ルージュ・ピノ・ファンの魅力を、2006年も確認し、そのかなりの上出来振りに、 コスト・パフォーマンスの高さ を、改めて実感しました♪ そして、もうひとつの発見は、『ニュイ・サン・ジョルジュ』の数々の美味しさ! 『ヴォーヌ・ロマネ』を拠点にするアルヌーなだけに、 見過ごされがちな『ニュイ・サン・ジョルジュ』 ですが、『ヴォーヌ・ロマネ』ものより、比較的手頃で、アルヌーの魅力が詰め込まれた美しさは、 要チェックです 。 2005年だけでなく、2006年に見せたアルヌーの完成度が、安定した実力を物語っています。 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 ワイン好きは、是非、お試しあれ〜♪ ヴォーヌ ロマネ レ オート メジエール 2015 ドメーヌ アルヌー ラショー 赤ワイン 大人気,新作登場

シャンベルタン クロ ド ベーズ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 大人気,品質保証

INFORMATIONNameChambertin Clos de Beze Grand Cru Domaine Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/シャンベルタン・クロ・ド・ベーズRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Chambertin Clos de Beze内容量750mlWA(94 - 96)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャンベルタン クロ ド ベーズ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 大人気,品質保証

ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ クロ サンジャック 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 送料無料,爆買い

INFORMATIONNameGeverey Chambertin Premier Cru Clos Saint Jacques Domaine Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/クロ・サン・ジャックRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Clos Saint Jacques内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ クロ サンジャック 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 送料無料,爆買い

ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ コンブ オー モワンヌ 2015 ルイ ジャド 赤ワイン tp S 定番人気,限定セール

INFORMATIONNameGeverey Chambertin Premier Cru Combes Aux Moines Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/コンブ・オー・モワンヌRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin/Combes Aux Moines内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ コンブ オー モワンヌ 2015 ルイ ジャド 赤ワイン tp S 定番人気,限定セール

ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2014 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン 本物保証,セール

INFORMATIONNameVosne Romanee Vieilles Vignes V.V. Maison Roche de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ ド ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2014 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン 本物保証,セール

シャブリ グラン クリュ ブーグロ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 本物保証,品質保証

『冷やし過ぎずにお楽しみ下さい!』 世界で最も有名な白ワインともいえる、 『シャブリ』 の中で、ドーヴネやラヴノーなどと並びトップ生産者の評価を受けているのが、現在責任者を務める、ディディエセギエ氏の 並々ならぬ品質へのこだわり が感じられる、ウィリアム フェーヴルです! 先日、グラン クリュ ブーグロ2016を飲みましたが、一口飲んだだけで、その 格式の高さがはっきり感じられる味わいの複雑さと奥行き は、ただただ、 『さすが』 の一言…(驚) 1本数万円してしまうラヴノーなどと比べて、グランクリュでも1万円以下で楽しめるなど、価格が良心的なので、 レストランからの信頼が厚いのも納得です♪ 上質な白ワイン をお探しなら、ウィリアム フェーヴルは外せません! ■輸入元様資料より抜粋■ グラン・クリュの丘の北西側、レ・プルーズの下に位置する南西向きのブーグロの畑は豊かな香りとコクを持ち、 たっぷりとしたミネラルを思わせる 味わいを特徴としています。 ワインは 構成がしっかりとしたリッチで滑らかなタイプ で、土壌の性格と共にコー・ブーグロとは対照的。 ■『ワイン・アドヴォケイト232号』より抜粋■ The 2016 Chablis Grand Cru Bougros has a very attractive bouquet in the making: apple blossom, linden, wet limestone and touches of pear emerging from the glass, all with fine delineation. The palate is well balanced with fine acidity . It is taut and linear but there is fine depth here and a touch of salinity toward the finish that lingers in the mouth. Excellent . ◆パーカーポイント:92-94点 ◆飲み頃予想:2020〜2034年 INFORMATIONNameChablis Grand Cru Bougros Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ブーグロRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Bougros内容量750mlWA(92 - 94)/Issue 1st Sep 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ブーグロ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 本物保証,品質保証

グリオット シャンベルタン グラン クリュ キュベ ランペラトリス 2009 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン tp S 送料無料,定番人気

INFORMATIONNameGriotte Chambertin Grand Cru Cuvee L'imperatrice Roche de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/グリオット・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Griotte Chambertin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating グリオット シャンベルタン グラン クリュ キュベ ランペラトリス 2009 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン tp S 送料無料,定番人気

シュヴァリエ モンラッシェ グラン クリュ レ ドゥモワゼル 2015 ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 正規品

INFORMATIONNameChevalier Montrachet Grand Cru Les Demoiselles Louis Latourブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/シュヴァリエ・モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Chevalier Montrachet内容量750mlWA−/Issue −WS93/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! シュヴァリエ モンラッシェ グラン クリュ レ ドゥモワゼル 2015 ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 正規品

リュリー プルミエ クリュ アン ヴォーヴリー 2016 フレデリック コサール 白ワイン S 2019,高品質

品種樹齢土壌シャルドネ43年平均粘土質・石灰質テイスティング・コメント 青リンゴ、グレープフルーツ、ニワトコの花、杉、ブリオッシュの香り。ワインはピュアかつ柔らかくスマートな落ち着きがあり、凝縮した上品な旨味エキスと緻密な酸とミネラルが見事なバランスで融合する! ちなみに! 収穫日は2016年9月22日。ブドウの収量は17hL/ha!フレッド曰く、アン・ヴォヴリーは1級なのにサン・ロマンと同じ価格帯で、ワインにキレがあり、ピュリニーやペルナン・ヴェルジュレスのような個性があるとのこと!買いブドウの畑面積は0.40ha。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽を使用!(前年の新樽と古樽の比率は25:75) INFORMATIONNameRully Premier Cru En Vauvry Frederic Cossardブドウ品種シャルドネ生産者名フレデリック・コサール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・シャロネーズ/リュリー/アン・ヴォーヴリーRegionFrance/Bourgogne/Cote Chalonnaise/Rully/En Vauvry内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating フレデリック・コサール コサール ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネイ ブルゴーニュ自然派の筆頭格! コサールが、ネゴシアンとして 注目の白をリリース! ブルゴーニュ自然派の筆頭格として、『フィリップ・パカレ氏』と共に名を連ねるのが、ドメーヌ・ド・シャソルネイの当主、 フレデリック・コサール氏 。 コサール氏の実力は、タカムラでも毎年、トップ・クラスの人気を誇る、ボジョレー・ヌーヴォー・ラパンでご存知の方も多いのでは。 販売を開始して早数年が経ちますが、お飲みになられたお客様が… ・『ヌーヴォーのイメージを吹き飛ばされたよ。凄いね。』 ・『今年も何本かのみ比べたけど、一番美味しかった!』 ・『えっ、もう一回飲みたいのに、もう無いの?』 と年々その人気は高まり、昨年は 予約時点でほぼ完売 だったほど♪ 一流のセンスと情熱で生み出す彼のワインには、 熱狂的なファン も多く、入荷数も限られるため、毎年、早い時期で完売してしまうものもあります。 そんな、コサール氏が情熱を注ぐ、今回初お披露目、ネゴシアンものの白ワインが到着しました! 実は、この到着と時を同じくして、つい先日、フレデリック・コサール氏が 来日セミナー を開く機会があり、私もその思いを聞くべく、参加してきました。 試飲もしましたが、コサール氏らしい、産地毎のブドウのピュアな特徴を生かしきる為の、こだわりぬいた仕事により生まれた味わいは、 ちょっとした驚き でした。 素晴らしい出来だった2005年の後なので、色々と心配される2006年ですが、実は… 『白ワインの出来が素晴らしい。赤も、良い造り手のワインはとても良い仕上がり。』 と、どの造り手に会っても言うほど、楽しみな年なのです♪ コサール氏自身も… 『2006年の白は、ワイン好きの記憶に残る年になるであろう、素晴らしい年だ。1983年のようにね。』 と、仰っていました。 ご存知のように、毎年、この時期に年に一回入荷する限りで、ほぼ無くなってしまうので、気になる方は、お早めに! 【ネゴシアン・フレデリック・コサールについて】 【1】契約畑との、一切妥協の無い取り決め 通常、栽培にまで口を出すことまではありうりますが、栽培を徹底しても、ブドウの収穫時点で、その状態が良くなければ、コサール氏は買取る必要は無いという、異例の契約内容。それを可能にするのが、 圧倒的な彼への信頼 なのです。よって、買いブドウと言っても、妥協の入る余地はありません。 【2】誰もが驚く、徹底した樽の仕上げ 樽材となる木は、樽業者と伐採林へ出掛け、『最も乾燥した、電線から出来るだけ離れた場所』の木を指定、月齢サイクルに基づいた伐採には、コサール氏も立会い、 必ずチェック 。 更に、その木材を、完全に乾燥させ、ワインに不要なタンニンの抽出などを木材から受けないために、DRCですら2年しか寝かせないところを、3年の期間をかけて完全に乾燥させる。『そうすることで、浸透圧のバランスがよくなり、木の成分が果汁に移る前に、果汁が木に浸透するんだ。』(コサール氏) これには、自らも造り手としてその大変さを知る、新井順子氏も『よく、樽業者がそんな手間を引き受けるものだと感心します。いくら払うとか、そんな問題で受けてくれるものではないですよ、普通。彼だから出来るんだと思います。』と、 驚きを隠せない 、コサール氏の 人脈が生み出す 事の出来るこの環境。これだけのこだわりを貫き、やっと完成したそのワインは、驚きのブドウのピュア感と 秘めたパワー を備え、限りない可能性を感じさせます。 遂に世にお目見えとなった、 記念すべき2006年 のご紹介です! 『 Domaine de Chassorney et Frédéric Cossard 』フレッドによる「2008年白」ティスティングコメント(2010.2月)フレッドによる「2008年赤」ティスティングコメント(2010.3月) リュリー プルミエ クリュ アン ヴォーヴリー 2016 フレデリック コサール 白ワイン S 2019,高品質

マコン ヴェルジッソン ラ ロッシュ 2017 ドメーヌ コルディエ 白ワイン S 品質保証,人気セール

『ブルゴーニュNo.1の造り手に選出!』 以前、ブルゴーニュ・ワインの専門誌『ブルゴーニュ・オジュルデュイ』で2005年度の… 『ブルゴーニュNo.1の造り手に選出!』 あの、ラフォン、ルフレーヴなどブルゴーニュ最高峰の造り手でさえ教えを請うという、コルディエの 日本限定キュベ が入荷しました! マコン屈指のテロワールを誇る畑ヴェルジッソンの、完熟したブドウだけを手摘みで数回に分けて収穫。 《15hl/ha》 という 信じられない低収量 は、近年《20hl/ha》前後が平均のロマネ・コンティ以下!! しかも2017年は、コルディエ自身も 『例外的なヴィンテージ』 と認めるほどの出来だとか! 年産たったの3樽 、900本のみという超限定品が、 わずか3千円台 で買えるのですから、毎年争奪戦です(汗) ブルゴーニュ好きの方 は、是非、手に入れて下さい!! INFORMATIONNameMacon Vergisson La Roche Domaine Cordierブドウ品種シャルドネ100%生産者名ドメーヌ・コルディエ産地フランス/ブルゴーニュ/マコネ/マコンRegionFrance/Bourgogne/Maconnais/Macon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 奇才?天才!? 各誌が、こぞって絶賛する 希有の造り手! もうここまで来ると、『天才』と言うより、『奇才』と言うべきなのかも知れません… ワイン・スペクテイター誌では… 『マコネで生み出される ムルソー 』 と、讃えられ、 ロバート・パーカー氏からは… 『マコネのワインが、 どれほど偉大になるか を証明した。』 と、称賛。 そして、フランスNo1ワイン雑誌『ル・ヴァン・デュ・フランス』では… 『今後注目すべき生産者になる事は 間違い無い 』 と太鼓判を押し、 ワイナート誌15号では… 誌面の『フランスの白ワイン特集』では、 『 尽きせぬ 発想と細部への気配り 若き生産者の多彩なマコネ』 と、その素晴らしさを語られ、世界各国でその注目度が増すばかりのコルディエが、 またやってくれました! なーんと! 今度は、ブルゴーニュで最も現地に根付く情報誌『ブルゴーニュ・オージュルデュイ』が、毎年末に選出する 『今年のブルゴーニュ大賞』 で、当主クリストフ・コルディエが 『2005年のブルゴーニュNo1ヴィニュロン(=栽培者)』 に選ばれました! 『とうとうここまで…』 このニュースを知り、こう思わずにはいられませんでした♪ 1930年代に創業のコルディエは、1995年、現当主クリストフ・コルディエ氏の代になり、数多くの畑のワインをブレンドせず、別々のキュベとして販売、その個性あるワイン達が 脚光を浴びる 様になります。 1967年生まれのクリストフ氏は 『ワイン造りの80%は畑仕事で決まる』 との哲学を持つ人。 実際、多くの造り手がこの言葉を口にしますが、クリストフ氏の場合、機械化を一切排除した手作業のみの畑仕事、短小剪定の更に上を行くウルトラ短小剪定(この言葉が実際に使われているかは知りませんが…)、ジュリエット・ラ・グランドの1株1房に代表される超低収量、危険を冒してまでの遅摘み、更に厳選した収穫のために、一度に収穫する事が不可能なため数回に及ぶ収穫、収量25hl/haのマコン、15hl/haのプイィ・フュイッセなどなど、まさに 有言実行の人 なのです。 まだ若手ヴィニュロンと言える年齢ながら、 『奇才』 と呼ぶに相応しい仕事ぶりを見せるクリストフ・コルディエ。 世界が讃える彼のワインを前にして 『マコン?お手頃ワインの産地でしょ。』 なんて 言わせません! ちなみに、 アメリカでの人気 が高く、凄い売れ方らしいです。 ただでさえ生産量が少ないブルゴーニュのドメーヌで、多くのキュベを少量ずつ作るのは、理想的であっても、とても面倒な事ですが、クリストフ氏は、敢えてその困難に挑んだからこそ、ワインはそれに応え、コルディエが脚光を浴びる事になったのでしょう。 この造り手、誤解を恐れずに言えば、 『ちょっと普通じゃない』 と思います。 ブルゴーニュに住んでいた知人に、 『タカムラの在庫には、コルディエがある。』 と話したら、 目を輝かせていました。 ※数々のキュベを造るコルディエ。それぞれの個性が発揮されています。 【後日談】 マコネのワインの 常識を軽く飛び越え 、その質の高さが各誌から絶賛されるコルディエが再入荷♪ 最新情報を調べてみると… またまた大変な事になっています! 【大絶賛その1】 『ル・ギデ・ド・ヴァン・ド・ブルゴーニュ2007〜2008年版』でドメーヌ・コルディエのプイィ・フュイッセが 『ブルゴーニュNo.1ワイン』 に輝く! このニュースと共に、続々届いた、各誌からの賞賛の声をご紹介します。 【大絶賛その2】 『ギ・ド・アシェット2008』で、 『最も心に残るワイン』 に2キュベが選ばれる。 ブルゴーニュで同様の快挙は、他に2ドメーヌのみの快挙! 【大絶賛その3】 『メイユール・ヴァン・ド・フランス2008』で、『長年プイィ・フュイッセの 最高峰として君臨 』と、紹介される。 【大絶賛その4】 世界的ワイン評論家でMWのジャンシス・ロビンソン氏が 『感覚を鷲掴みして離さないワイン』 と、賞賛される。 地元マコネの多くの住人からも… 『今、最も入手困難なワインの筆頭!』 と言われ、かつて、コート・ドールのワインと対等の評価を得がたかったマコネで、コート・ドールのワインを凌ぐまでのワインを生み出し続けているのが、 完璧主義 で、一切の妥協を許さない、クリストフ・コルディエ氏の営む、コルディエです。 【完璧主義!】 『 休むことなくブドウ畑を歩き回り 、いかなる手入れも怠らずに育てたブドウから、収量25ヘクトリットルのマコン、15ヘクトリットルのプイィ・フュイッセ、あるいは1株にたった一房のブドウから造られるジュリエット・ラ・グランドが生まれるのだ。 フランス全土を見渡しても、ここまで厳しい畑仕事からワインを造っているのは、 ブルゴーニュで最も遅摘みと言われるDRCくらいであろう。 』 その仕事ぶりを知る輸入元さんに、ここまで言わせてしまうのが、コルディエなのです。 コルディエからは、毎年、私達も混乱するほど、数多くのキュベが出てきます。 普通、効率から考えれば、他の造り手ならブレンドし、単独で造らない程の生産量の少ないキュベも、その個性を生かす事を念頭に置く事しか考えに無いコルディエ氏にとっては、この選択肢以外は考えられないのです。 そして、そのワインが、真に素晴らしいものである事を、プロは見逃せないのです! そんなコルディエ、今年も、更なる賞賛の言葉を引っさげて入荷しました!! 『ブルゴーニュNo.1』の座に着いた、コルディエが、遂に入荷!!! マコン ヴェルジッソン ラ ロッシュ 2017 ドメーヌ コルディエ 白ワイン S 品質保証,人気セール

グリオット シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ フーリエ 赤ワイン S 新作,格安

INFORMATIONNameGriotte Chambertin Grand Cru Vieilles Vignes V.V. omaine Fourrierブドウ品種ピノ ノワール生産者名ドメーヌ フーリエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート ド ニュイ/ジュヴレ シャンベルタン/グリオット シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Griotte Chambertin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 哲学者?詩人? 純粋主義者が造る 素晴らしいブルゴーニュ! 一部の人の楽しみで終わってしまうほど、日本への入荷もままならないので、ご存知無い方もいらっしゃるかもしれませんが、 このまま知らずにいるのは、勿体無い と思います。 かと言って、さほど数がご用意出来ないのが、 本当に悩ましい というのも、正直なところ。 それが、1971年生まれの、ジャン・マリー・フーリエ氏が手掛ける、ドメーヌ・フーリエ。 一級と特級が、所有面積の70%を占めるという、恵まれた環境にあるフーリエ。 ジャン・マリー氏は、ボーヌのワイン学校を卒業後、ブルゴーニュ大学の醸造講座に通い、その後、アンリ・ジャイエ、父、オレゴンのジョセフ・ドルーアンの元での修行を経て、若干23歳の若さでドメーヌを継承しました。 『その誰でもない、自分だけのワイン造り、哲学がある。』 ジャン・マリー氏のその言葉に、 嘘が無い 事は、彼のワインが、証明しています。 【ワイン雑誌のコメント】 ジャン・マリー・フーリエは、 とことん純粋主義者 だった。 良いワインを造るための労力はいとわない。また、 商業主義を嫌い 、自分がやるべきこと、造るべきワインの スタイルを第一に 考えている。 (『リアル・ワイン・ガイド誌』21号より抜粋) ブルゴーニュ・ワインの権威 、クライヴ・コーツ氏が2008年に、英国の 『デキャンター誌』 で発表した… 『ブルゴーニュの新星とスーパー・スター』 という特集で、『ルフレーヴ』や、『アンヌ・グロ』などが選ばれた三ッ星に次ぐ、二ツ星ドメーヌとして、堂々、選ばれるほどの実力! 更に、 ロバート・パーカー氏 にも高い評価を受ける彼のワインは、日本だけでなく、世界的に引っ張りだこなのですが、これほどの世界的注目を浴びながら、 『純粋主義者』 で居続けるジャン・マリー・フーリエ。 そんなフーリエ氏に、どうしても会ってみたくなり、遂に、ドメーヌを 訪問する機会を得ました! 当日出迎えてくれたフーリエ氏。見るからに温和そうな顔立ちと、柔らかな話しぶり、会話の節々には、経験の豊富さ、聡明さが伺え、 まるで、哲学者か詩人ような空気を放っています。 ワインの酸化の話に触れた際は、化学式から始まり、コルクから保存に至るまでを語るその思いには、造り手としてだけでなく、いかに、飲み手に美味しく飲んでもらうかまでに気を配るその姿勢が伺えます。 【思い】 『畑での仕事を誠実に行う事で、ワインの出来は良くなる。 良い植物学者になれば、良いワインが出来る んだ。』 そう言いながらも、美しく整えられた清潔なセラーにも、 彼の仕事の丁寧さが随所に 感じられます。 一部の樽の表面に、蝋を塗り、酸化熟成の違いを見たり、通常より小さな樽で仕込む試みを行ったり、今の素晴らしい出来にも甘んじない、より良い物への拘りが伺えます。 訪問時、暫く不順な天候が続いた後、久しぶりに訪れた、昨日の晴天に… 『昨日、ワイン雑誌の取材が入っていたんだけど、どうしても畑に出る必要があったから、妻に取材を任せて、僕は畑に出た。申し訳なかったけど。』 世にも高い評価を受けるこの目の前の人の、 ただ純粋に、ワインの事を考えつつ、決して奢らないその人柄 に、今一度、彼のワインの純粋さは、彼そのものなんだと実感しました。 フーリエのワインは、ジャン・マリー・フーリエ氏本人の人柄と同じく、純粋で、 人の心を打つ 、素晴らしいワインであるという事。 ジャーナリストも、飲み手も、彼のワインを愛する人誰もが行き着くその答え。 訪問で見聞きしたそのひとつひとつは、フーリエ氏のワインが、何故、人の心を動かすのかを物語っていました。 今回の訪問で、最も印象的だったのは… お人柄を感じる話】 『 98点の取れるワインではなく 、1日目に美味しくて飲みきってしまい、2日目にもまた、同じそのワインを飲みたくなるようなワインを造りたい。 美味しいワインを見つけるなら、そのワインを街に並べて、一般の人に飲んでもらえば良いのさ。 ボトルが真っ先に空になったワイン、それが、一番なんだから。 』と、いう言葉です。 皆さんも、ジャン・マリー・フーリエ氏の 人柄を感じて頂けるのではないでしょうか。 世界各地で、メディアに取り上げられるフーリエですが、畑で、そして、セラーでの細やかな配慮ある仕事を、ひたすら真面目に行うフーリエ氏に見えているのは、 ただひたすら、彼のワインを愛し、飲んでくれる人の笑顔だけなのです。 そんなフーリエのワイン、初リリースも含め、入荷しました。 1人でも多くのお客様に、 フーリエの人柄 と、 ワインの美味しさ を感じてもらえたら嬉しいです。 グリオット シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ フーリエ 赤ワイン S 新作,格安

シャブリ プルミエ クリュ ラ フォレ 2016 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン S 最安値,爆買い

INFORMATIONNameChablis Premier Cru La Foret Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種シャルドネ生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/シャブリRegionFrance/Yonne/Chablis内容量750mlWA90/Issue 1st Sep 2018 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑) シャブリ プルミエ クリュ ラ フォレ 2016 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン S 最安値,爆買い

オート コート ド ニュイ プリュレ ブラン 2016 オレリアン ヴェルデ 白ワイン S 本物保証,高品質

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 閉じている中からミネラル香がしっかり漂ってくる。もうこれだけで いい香りだと右脳が反応する 。 口に含むともちろん閉じているんだけど、クッキリとした味と心地良い酸とミネラル感の、美味しいワインということがなんとか分るもの。ド級のワインじゃもちろんないが、 安心して楽しめる優秀ワイン 。これも暫定点。 ◆88〜89点 (2018年4月試飲) ■輸入元様資料より抜粋■ 本拠地のアルスナン村に所有の区画『ル・プリュレ』の粘土石灰土壌で育つ樹齢 40 年のシャルドネを228L の木樽で発酵後、新樽比率20%で12 ヶ月熟成しました。 雹の影響を受けた16 年は例年より収穫を遅らせ9 月中旬に行いました。 ライトイエローの色調、サボンやミネラル香を感じます。 酸とミネラル感のバランス、樽感も抜け、切れのある上質なブルゴーニュに仕上がっています。 INFORMATIONNameHaute Cote de Nuits Prieure Blanc Aurelian Verdetブドウ品種シャルドネ生産者名オレリアン・ヴェルデ産地フランス/ブルゴーニュ/オート・コート・ド・ニュイRegionFrance/Bourgogne/Hautes Cotes de Nuits内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 自然体の完成度 上品な味わいが絶妙の 若手実力派ブルゴーニュ! 『リアルワインガイド誌54号』で… ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ さあ、久しぶりの 大褒め殺し大会 が始まる。 多分これは 07年のフーリエ以来 じゃないかと思うし、こうやって紹介するとこのドメーヌ&メゾンに一時的に人気が集中して、ひと段落するとそれで終わりになるかもしれない事が真剣にイヤなんだけれど、 しっかり紹介せずにはいられないワイン達 なので、それまでフツーに購入出来ていたワインが突然買えなくなってしまう事も覚悟して書く(しかない)。 という冒頭からはじまり、紹介された、オレリアン・ヴェルデが、 大変なことになっています! 本当に、輸入元さん在庫が、見る見るうちに ほぼ完売 してしまったのです(汗) ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ ともかくワインは 凄まじいパフォーマンス と『これだよ、これ!』という、 清く正しいブルゴーニュ のスタイルで、そこにナチュラル感が加わっているからもう大変。 しかも価格はお手頃ときたもんだから、 胸を張って堂々と褒め殺したい 。 何もかもが素晴らしいワイン達 であり、ブルゴーニュの 格付けの意味がどこかへ吹っ飛んでしまう というか、意味をなさないとまで言いたくなるワイン達なのだ。 ともかく騙されたと思って飲んでみ。 タカムラでも今までにも、時々ご紹介させて頂いていたので、 この注目度ぶり が嬉しいような、複雑なような… そんなわけで、 限られたキュベ ですが、今回確保できた分を、ご紹介します! フーリエ以来の褒め殺しっぷり! オレリアン・ヴェルデです! ■『輸入元様資料』より抜粋■ コートドールの中心ニュイサンジョルジュ村から西に約10キロ、山道を走り抜けるとARCENANT(アルスナン)村に到着します。 1604年からこの地に住む ヴェルデ家は、父アラン・ヴェルデが 1971年よりビオロジック農法を開始 し、ブルゴーニュの中でも自然栽培の先駆者として知られています。 オレリアンは18歳からの3年間、モーターバイクレースの フランスナショナルチームの選手として活躍 していましたが、危険がつきまとう仕事であったため以前から興味のあったワイン造りに舵取りを変更、 22歳で成人向けのワイン育成コースに入門 します。 ビオロジックさらにビオディナミ農法を学ぼうと研修先に選んだのは、 ギィ・ボサールとマルク・アンジェリ 、父から受け継いだ伝統をベースに 更なる自然志向 を深めて来ました。アランのブドウで初めて醸造を手がけたのが2003年、翌年には引退を決意したアランから、オート・コート・ド・ニュイの畑とアルスナンの醸造所が受け渡されました。 2004年ヴィンテージで鮮烈なデビューを果たしたオレリアンは、ブルゴーニュの若手造り手の中でも 実力派として認識されるようになり 、多くの愛飲家の期待を一身に受けワイン造りに邁進してきました。2008年にはブドウ購入が大変難しいとされる ヴォーヌロマネの畑 を幸運にも引き継ぐ機会に恵まれるなど、コートドールでのワイン造りにも情熱を傾けています。 「私より強い自然志向」と父のアランも太鼓判を押す オレリアンは、畑には自然肥料しか与えないことで土中の生命を活発化させ、そこから生まれるブドウの視覚、聴覚、味覚など 官能特性を引き出し ワインに表現しています。高収量を避けるためブドウ樹は短く剪定、初夏には太陽の光を取り込むため部分的に葉摘みを行い、厳選した選果のもと手摘み収穫します。 2008年には最適な衛生状態を保つため 醸造所を新装 しました。温度管理付のステンレスタンクを導入し、キュヴェゾン(浸漬)時のmout(果もろみ)の温度を完璧に保つことを重要視しています。キュヴェゾンで色とタンニンを最大限に抽出する代わりに、タンニンが出過ぎないようピジャージュは控えています。これらの作業は目が離せないので時間を要しますが、むやみやたらなブルゴーニュワインの価格高騰を疑問視するオレリアンは 「だからこそ品質と価格が見合ったワイン造りをするべきだ」 と言います。 醸造所の投資額は目を見張るもので、覚悟を据えたオレリアンの眼差しは2007年に会ったときよりも数倍光り輝き、また揺るぎないものへと変化していました。 繁忙期に家族の手を借りるぐらいで ほとんどの作業を一人でこなし 休みなしに働くオレリアン。伝統と革新を地で行く、 これからがますます楽しみな生産者 です。 肩肘張らない 自然体の完成度 で、綿密なミネラル感、伸びやかな酸、 上品な味わいが絶妙のシンフォニーを奏でます 。伝統的なオート・コート・ド・ニュイは言うまでもなく、ニュイ・サン・ジョルジュを代表とするコートドールのプリミエクリュと村名ワインは、その年々の気候条件を考慮し、それぞれの テロワールのキャラクターを見事に表現 しています。 オート コート ド ニュイ プリュレ ブラン 2016 オレリアン ヴェルデ 白ワイン S 本物保証,高品質

シャルム シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2004 ドメーヌ ペロ ミノ 赤ワイン 旧ラベル tp S 豊富な

※シャルム・シャンベルタン2004年は、ラベル違いで2種類ございますが中身は同じです。 将来は、スーパースターに! ロバート・パーカー氏の著書に、 『将来スーパースターになる可能性を秘めている』 と書かれているのを見て、物凄く期待してペロ・ミノを訪問したのが2001年の事でした。 あれから15年以上の月日を経ましたが、彼は、まさにブルゴーニュのスーパースターになりつつあります。そして、あと10年もすれば、彼は、 間違いなくスーパースターになっている と思います。 まだペロ・ミノのワインを飲んだ事のない人は、是非、お試し下さい。 なぜ、ワイン業界の人々が彼の事をこのように評しているか分かると思います 。 ■ワイン・スペクテイター誌より抜粋■ Issue May 15, 2007 Tasting Note Charming and fluid, this silky red boasts cherry and iron aromas and flavors. Well-balanced and elegant , already showing good integration and harmony. Best from 2008 through 2018 . 210 cases made. 評価:91点 ■burghound.com21号より抜粋■ Note: from a 1.5 ha parcel situated directly across from Domaine Rousseau's parcel of Chambertin Producer note: The always frank Christophe Perrot-Minot said that 'hail was a definite factor in 2004 both in terms of delaying the maturity of the hardest hit vineyards and adding enormously to the amount of sorting work that was necessary. Imagine if you will that the harvest took us 40% longer than usual because of how carefully we had to sort. The hail didn't hit everywhere but we had definite issues in Charmes, Mazoyeres and Cazetiers. Just to give you an idea, it normally takes me one-half day to harvest Mazoyeres. In 2004, it took me a day and a half because of all the painstakingly slow work. We literally picked berry by berry. Still, if you were willing to go the effort, there was healthy and very ripe fruit there among the under ripe and dried berries. We picked between the 27th of September and the 14th of October. The sugars were excellent and I did not chaptalize any of my wines. Between the hail in some parts and the careful sorting work, I brought in between 25 and 30 hl/ha, which isn't much in what was a relatively generous vintage. The phenolics were not as ripe in some cases and thus I was careful not to over extract and in fact, I decided to use no press wine at all. As I explained on your last visit, I am moving toward a more elegant style as I'm now looking for more finesse in my wines . And in keeping with this, I am convinced that the key in 2004 was to vinify carefully and eliminate the press wine. 2004 can be quite a fine vintage, particularly for the medium term.' One aspect of these '04s is that they are distinctly ripe and it's clear that the delayed harvest relative to most of the Cote d'Or paid handsome dividends as the underlying phenolics here are among the ripest that I encountered, particularly when you consider that the range here runs from Gevrey to Nuits. And it's also clear that Perrot-Minot's wines are indeed moving toward increasing elegance and detail with more refined tannins and better balance . The malos, like many cellars in 2004, were extended at this address and I was told that many of them did not finish until October with the inevitable result that some wines were reduced and gassy. The wines are to be bottled in December and January without fining or filtration. (Martine's Wines, Novato, CA; La Reserve, H&H Bancroft, Goedhuis & Co., Berkmann Wine Cellar, Bordeaux Index and Connolly's Wine Merchant, all UK). Tasting note: As is usually the case with these two terroirs, this is decidedly richer but not finer or more elegant with fresh earthy red fruit aromas that offer excellent complexity in the form of underbrush, anise and game notes that complement the round, delicious, forward and intense medium full flavors that offer sneaky length as they do a slow build from the mid-palate on back. Indeed, this is one of those wines which seems to disappear relatively quickly on the finish only to reappear 10 seconds later. In sum, admirable if not extraordinary quality here in a relatively accessible style. Tasted: Jan 01, 2006 Drink: 2012+ 評価:90〜92点 ■輸入元様資料より抜粋■ 平均樹齢45年、粘土質石灰質の土壌だが、粘土質は僅かで石灰質が豊富、東南向きの斜面で、 特級たる風格に満ちたポテンシャルの高い区画 。 贅沢さを感じるほどリッチ で、華やかで繊細な風味を備えた風格ある味わい。 エレガントさもあり、 スミレや麝香 、 トリュフ 、 サクランボ といったフレーバーが豊富。非常に複雑で、骨格のしっかりとしたワイン。 INFORMATIONNameCharmes Chambertin Grand Cru Vieilles Vignes V.V. Domaine Perrot Minotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ペロ・ミノ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/シャルム・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin/Charmes Chambertin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャルム シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2004 ドメーヌ ペロ ミノ 赤ワイン 旧ラベル tp S 豊富な

ブルゴーニュ シャルドネ クロ ド ラ シャペル 2015 ドメーヌ ド ベレーヌ 白ワイン 人気,お得

『たまらんです。』 ■『リアルワインガイド誌60号』より抜粋■ 天才と言えるほどの頭脳を持ち、ワイン造りの名職人でもあるニコラ・ポテルのドメーヌとメゾンの15年は大成功だ。 『旨っ!』と思わず唸ってしまった 。 そのニコラ・ポテル氏が先日来日時、タカムラにお越し下さり、2015年を一緒に試飲しました! 私も 『旨っ!』 と、言ってしまいました(笑) ACブルゴーニュで この美味しさは反則です! ■『リアルワインガイド誌60号』より抜粋■ ハッと息をのむほどの美しい香り。透明感に溢れ、その中にはハチミツの香りがたっぷり。 たまらんです。 今飲んで:88+点 ポテンシャル:89点 飲み頃予想:今〜2030年■輸入元様資料より抜粋■ この年からボーヌ村の新たなACブルゴーニュ区画のぶどうより造られる。村の上部、森に隣した標高の高い区画(336m)で600Lのデュミ・ミュイにて澱と共に12ヵ月熟成。新樽比率30%。ドメーヌの他ワイン同様、 細部まで徹底した心配り を行っている。 INFORMATIONNameBourgogne Chardonnay Clos de la Chapelle Domaine de Belleneブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ シャルドネ クロ ド ラ シャペル 2015 ドメーヌ ド ベレーヌ 白ワイン 人気,お得

シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S 限定セール,新作

INFORMATIONNameChablis Grand Cru Vaudesir Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ヴォーデジールRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Vaudesir内容量750mlWA(90 - 91)+/Issue 30th Oct 2008WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S 限定セール,新作

クロ ヴージョ グラン クリュ グラン モーペルテュイ 2014 ミッシェル グロ 赤ワイン tp S 定番人気,新作登場

INFORMATIONNameClos Vougeot Grand Cru Grand Maupertuis Domaine Michel Gros ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ミッシェル・グロ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴージョ/クロ・ヴージョRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vougeot/Clos Vougeot内容量750mlWA(93 - 95)/Issue 1st Dec 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating この蔵に、行ってきました! ワインも美味いが、 この人の人柄が最高♪ オート・コート・ド・ニュイの畑ホントに良い人!って感じのミッシェルさん 先日、 ヴォーヌ・ロマネ のミッシェル・グロさん宅を訪れました。 そう、父ジャン・グロ氏の後を継いだ、グロ3兄弟のご長男で、モノポール(=単独所有畑)の クロ・デ・レア をはじめとするワインを造っているドメーヌです。 特級畑は、クロ・ド・ブージョのみ。 父ジャン・グロの時代に所有していたリシュブールを、相続の際に妹にあげてしまったり、ヴォーヌ・ロマネの栽培組合長を務めたりと、 実直な人柄 が取上げられる、グロ家のお兄ちゃん。 99年春のワイナート誌に、組合長の事が書かれていて、今も現職というから、少なくとも4年はやってるこの職。 今現在も、 ラ・ターシュ の中に一部残る、他所有者に属する『ゴーディショ』という畑を買取り、ラ・ターシュをDRCの完璧なモノ・ポールにする為のお手伝いをしているそうです。 大変な役職を務めるミッシェルさんが、いかに周りから 信頼 されているかが垣間見えるエピソードでした。 そんな彼のワインは、人柄が良く反映された、素直なブドウの味わいを生かした造り。 一見控えめに見えて、しっかりとした味わいを感じさせる造りとでも言えば良いでしょうか。静かに長く、熟成していくタイプでもあると思います。 それを正に具現していたのが、その日に先立って、 夕食の席 で頂いた、 クロ・デ・レア 1988です。何とも言えない落ち着きのある優しさ、熟成しているのに若さを失わない 艶っぽさ…。 1995年まで、ジャン・グロ氏のラベルでしたが、実際にはもっと前からミッシェルさんがこのドメーヌを大きく担っていたそうですから、この1本にも、彼のスタイルがきっちりと生かされているようです。 色々なお話を伺いながら、2001年と2002年ヴィンテージを試飲させて頂きました。 そこで出た 結論 は、ありきたりですが、 『やっぱり、良いワインだなぁ。』 と言う事。畑の個性を反映した、丁寧に造られたワインです。 そこでハッ!!と、思い出したのが、 『あっ、2000年、実店舗でだけ売っちゃってた…。』 と言う事実。ゴメンナサイ、今、それぞれあまり数がありませんが、慌ててアップしました。 2000年初リリースのモレサンドニもあります!!(これ、結構凄い場所なんです。) クロ ヴージョ グラン クリュ グラン モーペルテュイ 2014 ミッシェル グロ 赤ワイン tp S 定番人気,新作登場

クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 限定セール,人気SALE

INFORMATIONNameClos Vougeot Grand Cru Domaine Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴージョ/クロ・ヴージョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vougeot/Clos Vougeot内容量750mlWA(91 - 93)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 限定セール,人気SALE

ブルゴーニュ コート シャロネーズ ラ フォルテュヌ ルージュ 2016 ドメーヌ ド ヴィレーヌ 赤ワイン S

極少量入荷! メルマガを読んで下さっている皆様なら… 『フェラーリが軽トラを作った!』 このひと言で、どのワインの事か、お分かり頂けるはず。 その美味しさで、年々その人気が増すばかりの、ロマネ・コンティ社の共同経営者ヴィレーヌ氏が造る 《ブーズロン・アリゴテ》 ですよね♪ もう何年も、タカムラが取り扱う何千本のワインの中から、大人気ワインとしての地位を確立しています。 そんなヴィレーヌが造る、 『赤ワイン』 をご紹介します! 『ヴィレーヌの赤ワイン?!』 と、ちょっと意外に思われるかもしれませんが、そこは我らがヴィレーヌ。 シッカリとした構成に、バランスの取れた味わいは、さすがの力量を感じます。 ブーズロンのすぐ南の斜面から生まれる、コート・シャロネーズのフォルテュヌという区画から造られるこちらのワインにも、他のワインと同様… 『最大限にテロワールを生かす』 という、ヴィレーヌの哲学が貫かれています。 すっかり白ワインの《ブーズロン》の代名詞となったヴィレーヌですが、 実は、赤ワインの方が、貴重で、アッという間に完売するのです! ヴィレーヌ・ファンは、この機会に赤、白と飲み比べて、楽しんで頂きたいです♪ INFORMATIONNameBourgogne Côte Chalonnaise La Fortune Rouge Domaine de Villaineブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ド ヴィレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・シャロネーズ/ラ・フォルテュヌRegionFrance/Bourgogne/Cote Chalonnaise/La Fortune内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロマネ・コンティの共同経営者である『ヴィレーヌ氏』が、 ブルゴーニュ地方の『コート・シャロネーズ地区』で造る!! ご覧になりましたか? 最新号『ワイナート誌49号』の、『DRC特集』。 ワイン界の最高峰に君臨する、DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)。その魅力、その存在理由のひとつひとつが詳細に綴られた、読み応えのある内容になっています。 読み進めていくと、その特集のひとつに、あの、DRCオーナー、オベール・ド・ヴィレーヌ氏の経営する、もうひとつのドメーヌ、AetPド・ヴィレーヌの『フェラーリが作った軽トラ』ブーズロン・アリゴテの記事を発見! タカムラでは、2005年ヴィンテージから皆様にご紹介させて頂いていますが、今に至るまで、ずっと気になっていた事があります。 『明らかに、前とは違う。暫く飲んでいなかった数年間に、このアリゴテに何か変化があったはず…』 その謎が、遂にこの特集で、 明らかになったのです! 『ワイナート誌49号』より 【今夜の夕食で、試してみない?】 『白飯』+『スダチ』+『白ワイン』のマリアージュ =騙されたと思ってお試しください= スダチを一搾り するだけで、香り+酸味が米の甘さに ハマります。 好みで塩を ここにはアリゴテ種で勝負。酸味の中に丸い甘みが存在しアタックもソフト。 オーナーは、 ロマネ・コンティ社の共同経営者 です。 (『LEON誌』2009年7月号より) 2016-08-11 『フェラーリが作った軽トラ!』 ヴィレーヌに念願の訪問♪ 『フェラーリが造った軽トラ!』 で知られる、AetPド・ヴィレーヌに、念願の訪問を果たしました! DRCオーナー、ド・ヴィレーヌ氏の所有であり、甥で自らの実家もワイナリーという、ブノワ氏が手掛けるヴィレーヌ。 いつかは訪問してみたいと思いながら、日本でブノワ氏に会ってから、もう4年もの歳月が過ぎ、やっとの訪問です。 訪問当日、ブノワ氏はワイナリーのお仕事真っ最中でしたが、丁寧に対応して下さいました。 やはり造り手さんは、ご自身のホームグラウンドで会うのが一番輝いています。 元々、ヴィレーヌが誕生したのは、ヴィレーヌ氏がDRCを継ぐ前に、父親から『自分のドメーヌを持ち、造り、経営を学びなさい。』と、言われた事がきっかけで、1971年にスタートしたそうです。 そしてこの庭で、まずはビオロジックを実践、その後、畑に広げて行ったとか。 それでは、セラーに移動し、試飲です♪ 白は大樽、赤は小樽での醸造という違いはあるものの、基本的には、手摘み、厳しい選歌、自然酵母の発酵、瓶詰め時は最小限のSO2使用など、 という一貫した考えで手掛けられています。 昨年完成した、このセラーは、湿度を保ち、酵母の働きを妨げぬよう、設計には黄金律も採用したりと、人為的ではなく、環境を整える考え方が、ヴィレーヌらしさを感じさせます。 熟成中の2015を、アリゴテから始まり、赤のラインナップまで試飲しました。 アリゴテは盤石の美味しさ!そのあと、フレッシュだけでない、2012のアリゴテを飲ませて頂いたのですが、ギュッと旨みが詰まった味わいに、この地で育つ、アリゴテのポテンシャルを再認識。 タカムラでも2013年を発売中のヴィレーヌの新作リュリー・ブラン一級グレジニーは、2011年に購入した畑で、樹齢80年という貴重な畑だとか。 スタートの2011年に雹害で生産できないという困難に遭ったそうで、2012年が初ヴィンテージ。ブノワ氏もその畑のポテンシャルを、とても気に入っているようです。 骨格のある味わいに、80年の深みを感じました。 その後飲んだ赤もまた、白同様『あー、やっぱりヴィレーヌ、美味しい♪』と、思わずにはいられない美味しさ。 それぞれのキュベが、それぞれの個性を豊かに表現。生産量が少ないのだけが残念です… ビン詰前の、いわゆる成長中のワイン達も、しっかりヴィレーヌらしさを感じさせてくれました。 念願のヴィレーヌ訪問は、必要な設備以外なにもない、簡素なセラーに、 ブルゴーニュ コート シャロネーズ ラ フォルテュヌ ルージュ 2016 ドメーヌ ド ヴィレーヌ 赤ワイン S

サン トーバン ブラン アン ヴェズヴォー 2015 シャトー ド サントネイ 白ワイン お買い得,人気SALE

さすがな味わい! 海外航空会社にも搭載! ブルゴーニュのワイン名産地、シャサーニュ・モンラッシェとピュリニー・モンラッッシェに接する地域『サン・トーバン』。 樽の風味がとっても綺麗に表現されている、 非常にエレガントな味わいです 。 ジェラール氏は、ワインと食事との相性も重視していて… 『ホタテの薄切りソテーや、フォアグラと合わせても相性よさそう!』 とコメント。 なんと、過去には、ブリティッシュ航空&エミレーツ航空に搭載されたそうですよ! これは、 さすがな味わいです 。 是非、手に入れてください。 INFORMATIONNameSaint Aubin Blanc En Vesvau Chateau de Santenayブドウ品種シャルドネ100%生産者名シャトー・ド・サントネイ産地フランス/ブルゴーニュ/サン・トーバンRegionFrance/Bourgogne/Saint-Aubin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 価格は良心的!! 『ブルゴーニュの父』が 所有していた由緒あるシャトー 時は遡ること、1395年。 ブルゴーニュ公国の初代公王 、フィリップ・ル・アルディ氏は、その後、ブルゴーニュの歴史を大きく左右する勅令を発しました。 『ブルゴーニュの畑から、ガメイを引き抜き、より高貴なピノ・ノワールを植える事。』 そう、この偉大な決断が、今のブルゴーニュの礎を築いたのは、間違いありません! そんな… 『ブルゴーニュの父』 とも呼びたくなる、 フィリップ公が所有していたシャトー 、シャトー・ド・サントネイをご紹介します! 現在、フランス大手クレディ・アグリコールの傘下となり、潤沢な資金のおかげで、今も順調な発展を遂げ、コート・ド・ボーヌ、コート・シャロネーズの各地だけでなく、 特級クロ・ド・ヴージョなども所有 しているとか。 偉大な公王から脈々と引き継がれてきた 、この由緒あるシャトーの品質へのこだわりは今も強く、97ヘクタールに及ぶ広大な畑を所有しつつも、除草剤に頼らず耕作、草生栽培を実践しています。 それにより、土壌の微生物を活性化、自然の生態系を尊重した栽培を行い、『カリテ・フランス』『テラ・ヴィティス』の二つの ビオロジック認証を受けているそうです 。 もちろん、大事に育てたブドウを生かすべく、醸造も抜かりなく、伝統的な手法を取りつつも、最新の技術を導入、各キュベ、アペラシオンの特徴を生かすワイン造りが行われています。 更に、 特筆すべきは、その価格! 輸入元さんが、この造り手のご紹介にあたり… 【輸入元のコメント】 『ブルゴーニュの価格が高騰する中、安心して買って頂けるブルゴーニュを探し、ここを見つけました。』 と、仰った通り、良心的な価格なんです! つまり… 【要点】 ◆『ブルゴーニュの父』が所有していた、由緒あるシャトー ◆自然に優しい栽培&醸造にもこだわり! ◆なのに、価格は良心的!! と、いいこと尽くめ♪ 『まだこんな掘り出し物が!』 と言いたくなるようなブルゴーニュワインがあった事は、嬉しい驚きです。 しかも! 今回ご紹介する中には、まさかのブルゴーニュの当たり年、 2009年の古木ものも! 世に出せば、引く手あまたなはずのこういうワインを、焦って売ることなく寝かせておけるのも、親会社の懐の広さなんだと思います。 折角ですから、恩恵にあずからないのは、勿体ないと思いませんか。 まさかの 大物お値打ちシャトー入荷! ブルゴーニュ好きは、お見逃しなく!! サン トーバン ブラン アン ヴェズヴォー 2015 シャトー ド サントネイ 白ワイン お買い得,人気SALE

ブルゴーニュ アリゴテ 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 送料無料,お買い得

INFORMATIONNameBourgogne Alogote Philippe Pacaletブドウ品種アリゴテ生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ブルゴーニュ アリゴテ 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 送料無料,お買い得

シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ グロセイユ 2011 ラ プス ドール 赤ワイン 定番,低価

INFORMATIONNameChambolle Musigny Premier Cru Les Grosseilles La Pousse d'Orブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ラ プス ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・グロセイユRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Groseilles内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ グロセイユ 2011 ラ プス ドール 赤ワイン 定番,低価

ヴォーヌ ロマネ レ カルティエ ド ニュイ 2016 ドメーヌ ド ベレーヌ 赤ワイン tp 数量限定,定番

■輸入元様資料より抜粋■ 0.216ha。1937年に植樹されたRomanee Saint Vivantに隣接するLes Suchotsの中心部にある区画。 南向き斜面にあり、セレクション・マサルされたブドウが植えられている。 収穫量はグラン・クリュ並の低収量。ビオロジックで栽培し、馬で耕作を行う。全てのぶどうを除梗せず全房で発酵。新樽比率50%。 INFORMATIONNameVosne Romanee Les Quartiers de Nuits Domaine de Belleneブドウ品種ピノ ノワール生産者名ドメーヌ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ヴォーヌ ロマネ レ カルティエ ド ニュイ 2016 ドメーヌ ド ベレーヌ 赤ワイン tp 数量限定,定番

ジュヴレ シャンベルタン オストレア 1999 ジャン ルイ トラペ 赤ワイン S お得,新品

INFORMATIONNameGevrey Chambertin Ostrea Jean Louis Trapetブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/オストレアRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Ostrea内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 熟成物から 94〜96点まで! ブルゴーニュ好き必見!! アルマン・ルソーに次ぎ、二番目にシャンベルタンの所有面積の多い、トラペ。 人柄からも伺える、 丁寧な畑仕事 から生まれるワインの偉大さで、世界的にも知られています。 畑での仕事を大事にする彼は、とあるインポーターさんも… 『いつも畑に行ってる。』 と言うほどの 現場主義 です。 そんなトラペのワインは、 ミシュラン《3ツ星》レストラン にもオンリストされ、『ワイナート誌』でも、『ビオワイン特集』 『シャンベルタン特集』の二度にわたり掲載、その偉大さを讃えています。 ■『ワイナート誌24号』より抜粋■ 彼が化学薬品に疑問を抱いたのは、父の友人が農薬で病気になったからだ。 『そういうものは使いたくないと思いました。私は 平和 を好みます。毒は嫌いです。』 そこで89年、 除草剤を全廃 することから自然農法への道を歩み、95年には GEST に参加、そして98年からは ビオディナミ を採用した。 『ブルゴーニュの優れた畑はかつてキリスト教の僧侶たちが所有していました。彼らは土地にしっかりと根ざし、 平和 を愛し、 天と地の関係 を尊重しました。ビオディナミは彼らと同じ考え方だと思います。』 畑仕事が一段落し、シャンベルタンをはじめとする壮麗なラインナップを、セラーで味わう。 精密なミネラル と、 優しい果実味 が融合する、偉大なテロワールならではの余裕。 滔々たる大河の流れに身を任せるかのような、 安心感 。ジャン・ルイは語る言葉が尽きず、私はあまりのおいしさに時間を忘れる。 気がつけば、30分の約束のはずが2時間が経っていた。 ■『ワイナート誌43号』より抜粋■ シャンベルタンはシャンベルタン的というよりクロ・ド・ベーズ的であるが、 圧倒的な完成度 であることには違いない。 『安寧、静謐、平和を求める』 というジャン・ルイ・トラペの思想が、偉大な土地の力を誠実に引き出し、滅多に見られないシャンベルタンの別の顔を見せてくれる。 そんなトラペのワインが入荷しました! ジュヴレ シャンベルタン オストレア 1999 ジャン ルイ トラペ 赤ワイン S お得,新品