コルトン クロ ドゥ ラ ヴィーニュ オー サン グランクリュ 2007 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S お得,限定SALE

INFORMATIONNameCorton Clos de la Vigne au Saint Grand Cru Louis Latourブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/アロース・コルトンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Aloxe Corton内容量750mlWA−/Issue −WS91/Issue Mar 31, 2010※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! コルトン クロ ドゥ ラ ヴィーニュ オー サン グランクリュ 2007 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S お得,限定SALE

シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S SALE,HOT

INFORMATIONNameChablis Grand Cru Vaudesir Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ヴォーデジールRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Vaudesir内容量750mlWA(90 - 91)+/Issue 30th Oct 2008WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S SALE,HOT

シャブリ プルミエ クリュ ボーロワ 2015 フィリップ パカレ 白ワイン 得価,新作

ミネラル豊かで豊満! フィリップ・パカレって、赤ワインのイメージだと思いますが、 実は、白ワインも、最高に良いワイン揃い なのです♪ どの白ワインにも共通しているのが、 『飲み口の良さ』 だと思います。 口に含むと、 ス〜ッと染み渡る 。この感覚、ホント素晴らしいので、1人でも多くの ブルゴーニュ好き に味わって頂きたいと思います! 特に、この2015年は、 かなり出来が良い ので、数年寝かして置いたら、大化けすると思いますよ(^_^)v もちろん、今すぐ飲んでも美味しいですけどね〜♪ とにかく、 オススメです! ■輸入元様資料より抜粋■ この地方特有のキメリジャン土壌に粘土石灰土壌が混じる南向きの斜面に植わる平均樹齢40年ほどのシャルドネ。 白い花 を思わせる香りに、 桃 や 南国系果実 のニュアンスがありまろやかな味わいの ミネラル豊か で豊満な風味のワイン。 INFORMATIONNameChablis Premier Cru Beauroy Philippe Pacaletブドウ品種シャルドネ生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ボーロワRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Beauroy内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 シャブリ プルミエ クリュ ボーロワ 2015 フィリップ パカレ 白ワイン 得価,新作

エシェゾー グラン クリュ 2016 グロ フレール エ スール 赤ワイン S 低価,送料無料

『緻密さが際立つ。』 『彼の意気込みは本物だ』『今後がマジに楽しみだ。』 (《リアルワインガイド62号》より抜粋) と、2016年から独り立ちした息子、ベルナール氏のポジティヴな変化を高く評価されている、グロ フレール エ スール。 先日私も、オート・コート・ド・ニュイの赤白を試飲しましたが、確かに変わっています! 味わいの豊かさや細かさがグッと鮮明に! そんな2016年が入荷です! ■『リアルワインガイド誌64号』より抜粋■ こちらは樹齢50年で区画は若樹より上部にある。 さすがのこのキュベはともかく 緻密さが際立つ 。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Domaine Gros Frere et Soeurブドウ品種ピノ・ノワール生産者名グロ・フレール&スール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 子供が、そのまま大人に?! ベルナール・グロは、 グロ一族の中でも、異色かも(笑) ご存知!ジャン・グロの息子ベルナール・グロが造るのが、このグロ フレール エ スールです。 90年代は、父のジャン・グロや、長男の ミッシェル・グロ ばかり注目されていましたが、最近は、次男坊ベルナール・グロが造る、グロ・フレール・エ・スールが 世界的 に評価が上がっています。 確かに飲んでみると、 噂に違わず素晴らしい出来栄え! その上、値段もかなりお手頃です♪ 長男のミッシェルと、次男ベルナールには直接会った事がありますが、全く性格が違い、 『ホントに兄弟なの?!』 と聞きたくなるくらいです。 『ワインの味には、造り手の人間像が反映される。』言われますが、次男ベルナール・グロに 会ってみると、『なるほど♪』 と思えます(笑) その人物像は如何に?! 【ベルナール・グロの人物像】 1:世の常に違わず、次男の彼は冗談好きでオチャメな性格。 2:子供がそのまま大きくなったような子供っぽさが残る。 3:その反面、急に考え込んでしまう事も。 4:ワインの味わいは、味わいのハッキリとした当世風。 5:新しい物好きで、好奇心旺盛。 上記写真のように、 興が乗ればピアノまで弾いちゃいます(笑) そんな彼が造るワイン、是非、味わってみて下さい。 奇才(?)ベルナール・グロさん セラーを拡張中!壁の裏側は、なんとロマネ・コンティのヴィレーヌさん宅です。 自分も畑に出ている事が良くわかる程、かなり彫りの深い手でした。 エシェゾー グラン クリュ 2016 グロ フレール エ スール 赤ワイン S 低価,送料無料

ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ブラン 2016 グロ フレール エ スール 白ワイン J S お買い得,格安

『これは見事に美味しいです。』 『彼の意気込みは本物だ』『今後がマジに楽しみだ。』 (《リアルワインガイド62号》より抜粋) と、2016年から独り立ちした息子、ベルナール氏のポジティヴな変化を高く評価されている、グロ フレール エ スール。 先日私も、オート・コート・ド・ニュイの赤白を試飲しましたが、確かに変わっています! 味わいの豊かさや細かさがグッと鮮明に! そんな2016年が入荷です! ■『リアルワインガイド誌64号』より抜粋■ 香りをひと嗅ぎした瞬間『おっ!これはいい』なのだ。 これは見事に美味しいです 。おすすめ。 柑橘のピール や カリン 、 白い花のブーケ や少し ブリオッシュ のようなニュアンス、 炒った栗 などの香ばしさなど、豊かでその質の高さをしっかりと感じる事が出来る香りと、味わいにも、香りの要素が旨味の層になって詰まっており、 酸味とミネラルのニュアンス がより豊かな風味を生み出し、 長く広がりのある余韻 が楽しめます。 一般的なオート・コート・ド・ニュイの枠にとどまらない ポテンシャルの高さ は、このドメーヌの確かな変化を感じさせてくれる美味しさです。 INFORMATIONNameBourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc Domaine Gros Frere et Soeurブドウ品種シャルドネ生産者名グロ・フレール&スール産地フランス/ブルゴーニュ/オート・コート・ド・ニュイRegionFrance/Bourgogne/Hautes Cotes de Nuits内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4997678105679 子供が、そのまま大人に?! ベルナール・グロは、 グロ一族の中でも、異色かも(笑) ご存知!ジャン・グロの息子ベルナール・グロが造るのが、このグロ フレール エ スールです。 90年代は、父のジャン・グロや、長男の ミッシェル・グロ ばかり注目されていましたが、最近は、次男坊ベルナール・グロが造る、グロ・フレール・エ・スールが 世界的 に評価が上がっています。 確かに飲んでみると、 噂に違わず素晴らしい出来栄え! その上、値段もかなりお手頃です♪ 長男のミッシェルと、次男ベルナールには直接会った事がありますが、全く性格が違い、 『ホントに兄弟なの?!』 と聞きたくなるくらいです。 『ワインの味には、造り手の人間像が反映される。』言われますが、次男ベルナール・グロに 会ってみると、『なるほど♪』 と思えます(笑) その人物像は如何に?! 【ベルナール・グロの人物像】 1:世の常に違わず、次男の彼は冗談好きでオチャメな性格。 2:子供がそのまま大きくなったような子供っぽさが残る。 3:その反面、急に考え込んでしまう事も。 4:ワインの味わいは、味わいのハッキリとした当世風。 5:新しい物好きで、好奇心旺盛。 上記写真のように、 興が乗ればピアノまで弾いちゃいます(笑) そんな彼が造るワイン、是非、味わってみて下さい。 奇才(?)ベルナール・グロさん セラーを拡張中!壁の裏側は、なんとロマネ・コンティのヴィレーヌさん宅です。 自分も畑に出ている事が良くわかる程、かなり彫りの深い手でした。 ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ブラン 2016 グロ フレール エ スール 白ワイン J S お買い得,格安

リュリー レ サン ジャック ブラン 2015 ドメーヌ ド ヴィレーヌ 白ワイン S 驚きの破格値,本物保証

極少量入荷! 『フェラーリが造った軽トラ』 として、その品質の高さで、絶大な人気を誇る、ヴィレーヌのアリゴテ。 看板ワインはアリゴテですが、 毎年、極少量入荷する、赤ワイン&白ワイン も、毎年、待ちわびていらっしゃる方も少なくないため、ご紹介後瞬く間に売り切れてしまいます。 その希少キュベの2015年もの が、ごく少量ですが入荷しました〜! ごくごく少量入荷の物もありますので、 既に完売の際はご了承下さいm(_ _)m ■ワイン名(原語)/Rully Les Saint-Jacques Blanc Domaine de Villaine ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/ドメーヌ ド ヴィレーヌ ■産地/フランス/ブルゴーニュ/リュリー ■内容量/750ml ロマネ・コンティの共同経営者である『ヴィレーヌ氏』が、 ブルゴーニュ地方の『コート・シャロネーズ地区』で造る!! ご覧になりましたか? 最新号『ワイナート誌49号』の、『DRC特集』。 ワイン界の最高峰に君臨する、DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)。その魅力、その存在理由のひとつひとつが詳細に綴られた、読み応えのある内容になっています。 読み進めていくと、その特集のひとつに、あの、DRCオーナー、オベール・ド・ヴィレーヌ氏の経営する、もうひとつのドメーヌ、AetPド・ヴィレーヌの『フェラーリが作った軽トラ』ブーズロン・アリゴテの記事を発見! タカムラでは、2005年ヴィンテージから皆様にご紹介させて頂いていますが、今に至るまで、ずっと気になっていた事があります。 『明らかに、前とは違う。暫く飲んでいなかった数年間に、このアリゴテに何か変化があったはず…』 その謎が、遂にこの特集で、 明らかになったのです! 『ワイナート誌49号』より 【今夜の夕食で、試してみない?】 『白飯』+『スダチ』+『白ワイン』のマリアージュ =騙されたと思ってお試しください= スダチを一搾り するだけで、香り+酸味が米の甘さに ハマります。 好みで塩を ここにはアリゴテ種で勝負。酸味の中に丸い甘みが存在しアタックもソフト。 オーナーは、 ロマネ・コンティ社の共同経営者 です。 (『LEON誌』2009年7月号より) 2016-08-11 『フェラーリが作った軽トラ!』 ヴィレーヌに念願の訪問♪ 『フェラーリが造った軽トラ!』 で知られる、AetPド・ヴィレーヌに、念願の訪問を果たしました! DRCオーナー、ド・ヴィレーヌ氏の所有であり、甥で自らの実家もワイナリーという、ブノワ氏が手掛けるヴィレーヌ。 いつかは訪問してみたいと思いながら、日本でブノワ氏に会ってから、もう4年もの歳月が過ぎ、やっとの訪問です。 訪問当日、ブノワ氏はワイナリーのお仕事真っ最中でしたが、丁寧に対応して下さいました。 やはり造り手さんは、ご自身のホームグラウンドで会うのが一番輝いています。 元々、ヴィレーヌが誕生したのは、ヴィレーヌ氏がDRCを継ぐ前に、父親から『自分のドメーヌを持ち、造り、経営を学びなさい。』と、言われた事がきっかけで、1971年にスタートしたそうです。 そしてこの庭で、まずはビオロジックを実践、その後、畑に広げて行ったとか。 それでは、セラーに移動し、試飲です♪ 白は大樽、赤は小樽での醸造という違いはあるものの、基本的には、手摘み、厳しい選歌、自然酵母の発酵、瓶詰め時は最小限のSO2使用など、 という一貫した考えで手掛けられています。 昨年完成した、このセラーは、湿度を保ち、酵母の働きを妨げぬよう、設計には黄金律も採用したりと、人為的ではなく、環境を整える考え方が、ヴィレーヌらしさを感じさせます。 熟成中の2015を、アリゴテから始まり、赤のラインナップまで試飲しました。 アリゴテは盤石の美味しさ!そのあと、フレッシュだけでない、2012のアリゴテを飲ませて頂いたのですが、ギュッと旨みが詰まった味わいに、この地で育つ、アリゴテのポテンシャルを再認識。 タカムラでも2013年を発売中のヴィレーヌの新作リュリー・ブラン一級グレジニーは、2011年に購入した畑で、樹齢80年という貴重な畑だとか。 スタートの2011年に雹害で生産できないという困難に遭ったそうで、2012年が初ヴィンテージ。ブノワ氏もその畑のポテンシャルを、とても気に入っているようです。 骨格のある味わいに、80年の深みを感じました。 その後飲んだ赤もまた、白同様『あー、やっぱりヴィレーヌ、美味しい♪』と、思わずにはいられない美味しさ。 それぞれのキュベが、それぞれの個性を豊かに表現。生産量が少ないのだけが残念です… ビン詰前の、いわゆる成長中のワイン達も、しっかりヴィレーヌらしさを感じさせてくれました。 念願のヴィレーヌ訪問は、必要な設備以外なにもない、簡素なセラーに、 リュリー レ サン ジャック ブラン 2015 ドメーヌ ド ヴィレーヌ 白ワイン S 驚きの破格値,本物保証

マルサネ ルージュ 2014 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン S 品質保証,正規保証

ラズベリーや野イチゴ 、土や 小さな赤い花などを思わせる香り と、味わいにも、香りの印象が溶け込み、ピノ・ノワールらしいエキス分を感じる味わいが、口の中に広がります。 タンニンはあるものの主張が強すぎず、アクセント的に感じられ、より味わに広がりを感じさせます。 もう少し味わいが開くと更に魅力的になりそうな美味しさです。派手やかなタイプではありませんが、ブルゴーニュのピノ・ノワールの魅力をしっかりと味わわせてくれます。 今後注目の産地マルサネの魅力 に出会って下さい。 INFORMATIONNameMarsannay Rouge Maison Roche de Bellene (Nicolas Potel)ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/マルサネ・ラ・コートRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Marsannay-la-Côte内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マルサネ ルージュ 2014 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン S 品質保証,正規保証

ジュヴレ シャンベルタン一級ラヴォー サン ジャック 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp お得,豊富な

INFORMATIONNameGevrey ChambertinPremier Cru Lavaux Saint Jacques Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/ラヴォー・サン・ジャックRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin/Lavaut Saint Jacques内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ジュヴレ シャンベルタン一級ラヴォー サン ジャック 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp お得,豊富な

ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ショーム 2015 ドメーヌ アルヌー ラショー 赤ワイン 超激得,限定SALE

『見事といえる。』 ドメーヌ・アルヌー・ラショーから、 優良年と言われる2015年 が、ズラ〜ッと入荷したのでご紹介致します。 2015年以降のブルゴーニュの出来映えや、価格などを考えると、2015年って、 絶対に買っておくべきヴィンテージ だと思いますよ♪ ■『リアルワインガイド61号』より抜粋■ 試飲時はやや初期的な香りで、還元香のような土っぽさのある閉じ気味のもの。よって、香りはイマイチよく分からん。 口に含むと味は半開きなのでやたと美味しい。 ミネラルでツヤツヤで 、 高級感 があり、中域充実の コア感ある味わい 。V・R・1erとしては平板気味なワインの多いこの畑において見事といえる。 (17年6月試飲) ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:93+点 ◆飲み頃予想:2020〜2045年 INFORMATIONNameVosne Romanee Premier Cru Les Chaumes Domaine Arnoux Lachauxブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・アルヌー・ラショー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/レ・ショームRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Les Chaumes内容量750mlWA−/Issue −WS94/Issue May 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『一回り小さなロマネ・コンティ』 と評される実力派! ブルゴーニュ好きは、必飲!! ご存知ですか? そのワインのスタイルから 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれる造り手がある事を。 その名は、ヴォーヌ・ロマネを拠点とする、ロベール・アルヌー! 特級畑などが醸し出す、その 官能的な味わい が、多くの人を魅了、そのスタイルを例え、こう呼ばれるのです。 そのワインのスタイルから… 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれるワインを手掛ける、ロベール・アルヌー。 200年続くドメーヌ の5代目として、その評価を更に向上させているのが、現当主パスカル・ラショー氏です。 アルヌーと言えば、 ピノ・ノワールの原種 に近い伝統的なピノ・ノワールで小粒で果皮が厚く、深みのある味わいを生み出してくれるにも関わらず、栽培の難しさなどで、一時、ほとんどの生産者が栽培しなくなった品種、 『ピノ・ファン』 の栽培者としても知られており、この品種を使った、ACブルゴーニュなどは、質の良さから、根強い人気を誇ります。 アルヌーでは、所有の数区画で『ピノ・ファン品種』を育て続けており、 60年以上の樹齢 となっている事も、ワインの豊かな味わいの、大きな要素になっています。 ロベール・アルヌーの 『ピノ・ファン品種』を使用しているワイン を調べてみると… 【ピノ・ファン使用の畑】 ・ロマネ・サン・ヴィヴァン ・ヴォーヌ・ロマネ・レ・スショ ・ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ポワゼ ・ブルゴーニュ・ルージュ そのワインは、『神の雫』でも大絶賛の、 最上級の『ロマネ・サンヴィヴァン』 の畑をはじめ、 最もお手頃な『ブルゴーニュ・ルージュ』 まで、各クラスにおいて、アルヌーの実力を実感できる美味しさ。 そして、今もなお、確実にその実力を揺ぎ無いものにしています。 そんなロベール・アルヌーの、2005年と2006年が、入荷しました! これに先駆け、2006年と2005年のいくつかを試飲する機会に恵まれたのですが、ブルゴーニュの大当たり年、2005年の素晴らしい出来は勿論の事、2006年の完成度に、アルヌーの真の実力を見た気がしました。 アルヌーの2006年は、間違いなく上出来です! ブルゴーニュ・ルージュ・ピノ・ファンの魅力を、2006年も確認し、そのかなりの上出来振りに、 コスト・パフォーマンスの高さ を、改めて実感しました♪ そして、もうひとつの発見は、『ニュイ・サン・ジョルジュ』の数々の美味しさ! 『ヴォーヌ・ロマネ』を拠点にするアルヌーなだけに、 見過ごされがちな『ニュイ・サン・ジョルジュ』 ですが、『ヴォーヌ・ロマネ』ものより、比較的手頃で、アルヌーの魅力が詰め込まれた美しさは、 要チェックです 。 2005年だけでなく、2006年に見せたアルヌーの完成度が、安定した実力を物語っています。 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 ワイン好きは、是非、お試しあれ〜♪ ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ショーム 2015 ドメーヌ アルヌー ラショー 赤ワイン 超激得,限定SALE

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ シャン カネ 2016 エティエンヌ ソゼ 白ワイン tp S 定番,人気

■『リアルワインガイド63号』より抜粋■ いや〜、 ため息が出るほど美しい 。やはり、これは ミネラルと酸 からのもの。そして調和感からでもあり、これらが巡りめぐってまたも調和感を作る。いい香りのループですな。 口に含むと味は閉じ気味。 素晴らしいミネラル感 のみ出ており、味がすっかりおとなしい状態。にしても、このミネラルは 20年後くらいにはダシ汁に なる気がしてならない。柔らかい緊張感が一杯。 ◆今飲んで:93+点 ◆ポテンシャル:94+点 ◆飲み頃予想:2023〜2055年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Champ Canet Etienne Sauzetブドウ品種シャルドネ生産者名エティエンヌ・ソゼ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/シャン・カネRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Champ Canet内容量750mlWA(88 - 90)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『ワイン好きならば、一度は憧れる造り手』 といえば、勿論いろんな造り手がいると思いますが、『ブルゴーニュの白ワイン』と限定すれば、この造り手の名を、真っ先にあげる人も多いのではないでしょうか。 『ピュリニー・モンラッシェ』を拠点とし、ブルゴーニュ白の頂点に君臨する『モンラッシェ』を擁するソゼ。その品質の素晴らしさは語り継がれるものの、実際に市場に出回るのは、 極僅か…(涙) でも… ソゼの実力を垣間見れるのは、トップ・クラスだけではありません! ブルゴーニュ・ブランをはじめとする、各クラスでの確かな仕事が、高く評価される理由なのです。 また、ソゼは2009年から全ての区画でビオディナミをはじめました。 ソゼのワインの透明感と清潔感はビオディナミによるところも多分に影響があるかと思います。 今もなお、更なる品質向上を目指し、新たな取り組みを始めている、エティエンヌ・ソゼ。 ブルゴーニュの白ワインの、大きな魅力のひとつである、ミネラルの美しさを存分に楽しむ事の出来る造り手です。 今後も目の離せない造り手、ソゼです! ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ シャン カネ 2016 エティエンヌ ソゼ 白ワイン tp S 定番,人気

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ ガレンヌ 2015 ドメーヌ デュック ド マジェンダ ルイ ジャド 白ワイン tp 新品,安い

INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Clos de la Garenne Domaine Duc de Magenta (Louis Jadot) ブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・デュック・ド・マジェンダ(ルイ・ジャド)産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/クロ・ド・ラ・ガレンヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Clos de la Garenne内容量750mlWA(90 - 92)/Issue 31st Dec 2016WS93/Issue Mar 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ ガレンヌ 2015 ドメーヌ デュック ド マジェンダ ルイ ジャド 白ワイン tp 新品,安い

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ コンベット 2015 ドメーヌ ルイ ジャド 白ワイン tp S 限定SALE,定番人気

コスパ最高! 2015年の高額ブルゴーニュがよく売れてます 。非常に出来映えが良かった事と、比較的、早く飲めるヴィンテージと言われてる事も、よく売れている原因のようです。 ルイ・ジャドという造り手は、 名門 でありながら、 ネゴシアン でも有名な為、一部のワイン好きからは、軽視されていますが、実は、 ワインのプロからは非常に評価の高いドメーヌ でもあります。 なんと言っても、手頃な価格のワインから、超高級ワインまでを所有している為、 豊富な経験と知識 を持ち合わせており、ワイン造りに掛かる経費が非常に安く済んでいるようです。 以前、ルイ・ジャドで長らく働くマスモンデ氏とお話しすると、『是非、同等レベルの畑を持つ、小さなドメーヌの価格と、私達の価格を見比べて下さい。そして、飲み比べて下さい。 私達のワインがいかにお買い得であるかという事が分かると思います 。』と仰ってました。 早速、ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・コンベット2015年の値段を比べてみると… ・ドメーヌ・ルフレーヴ:25,704円(ネットショップA社2018年5月22日の価格) ・ドメーヌ・ルイ・ジャド:16,200円 と驚くほど、値段が違います。 ドメーヌ・ルイ・ジャドのを飲むと、確かに、 物凄くコスト・パフォーマンスが高いです。 1人でも多くのブルゴーニュ愛好家に、ドメーヌ・ルイ・ジャドの素晴らしさを知って欲しいと思います! ■burghound.com 67号より抜粋■ Producer note: Technical director Frederic Barnier unequivocally described 2015 as a 'great vintage in red and a good one in white. The growing season began with a temperate and humid spring and thank goodness it did because without that rain we would have had real problems given how hot and dry the summer was. Interestingly bud burst wasn't really especially precocious as the beginning of April was cool but as conditions turned ever warmer and drier, the vegetative growth accelerated accordingly. As such the early June flowering was precocious and rapid which contributed greatly to the homogeneity of fruit maturities we enjoyed at the harvest. June remained hot and dry but thankfully we had a storm that dropped 50 to 60 mm of rain right at the end of the month. In my view this one storm did more than anything else to save the harvest because by the middle of a baking hot July we had temperatures climb to 42° C (107.6° F) and it was bone dry. We began to see in certain parcels the phenomenon known as bloquage (hydric stress) and it was responsible for delaying the veraison though it's hard to say exactly for how many days. Thankfully, yet again, August was more moderate because while it remained very warm, it wasn't quite as extreme as July plus we had at least some rain. This also contributed considerably to why the fruit was so balanced in its various components and it also explains why the wines are definitely ripe but not surmature in the fashion that some 2003s and 2009s are. We began picking on the 1st of September with the chardonnay and the conditions were warm and dry and we were able to take our time yet harvest rapidly as the fruit was so clean that it required almost no sorting. Potential alcohols in whites came in between 13.5 and 14% and thus nothing was chaptalized. Yields though were highly variable though on average the reds were off 30% while the whites were off only 5 to 10%. There were no issues with the fermentations though I chose to do almost no lees stirring as it seemed clear from the beginning that the whites would have plenty of richness. In fact I was actually worried about having too much richness and I chose to block the malos on average to 80%. This of course sounds high but in fact there was so little malic acid that it actually made relatively little difference. As to the wines themselves, what I find so interesting is that they aren't really like other wines that were produced by so-called very hot vintages.To be sure they are very generously proportioned but the important thing is that they have retained good freshness and as such remain inviting.I believe that the wines are sufficiently round that they should largely drink well shortly after they're released. Certain terroirs will of course age well but for me, 2015 produced whites of pleasure and immediacy.' I would characterize the quality of the Jadot 2015 as generally consistent with what I found elsewhere. Note that a number of 2014's were also revisited below in bottle. (Kobrand, Inc., www.kobrandwine.com, NY, USA; Hatch Mansfield Ltd., www.hatchmansfield.com, Uncorked Ltd, www.uncorked.co.uk, both UK). Tasting note: Subtle wood notes frame the notably ripe aromas of petrol, apple, pear liqueur and soft floral nuances. There is excellent volume to the full-bodied and very rich flavors that possess plenty of sappy dry extract that confers a seductive texture to the bitter lemon-inflected finale. Tasted: Jun 11, 2017 Drink: 2021+ 評価: 89〜92点 INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Les Cobettes Louis Jadotブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/レ・コンベットRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Les Combettes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ コンベット 2015 ドメーヌ ルイ ジャド 白ワイン tp S 限定SALE,定番人気

モレ サン ドニ クロ ソロン 2014 オリヴィエ ジュアン 赤ワイン S 100%新品,格安

『ドメーヌ史上最高の品質!』 モレ・サン・ドニ・クロ・ソロンは、二時間前抜栓で、グッと味わいが開き、その 豊かな表情が印象的 。 ■『リアルワインガイド誌56号』より抜粋■ 個人的好みを出来る限り排除して客観的に見ても、 14年 のオリヴィエ・ジュアンはこの ドメーヌ史上最高の品質とスタイル となったと思う。 と、評される、オリヴィエ・ジュアンの2014年です! ■『リアルワインガイド誌56号』より抜粋■ 口に含むとすでに調和 が取れており、メチャ美味しい。 味の焦点が定まり、濃すぎない濃さと 心地よい黒い風味 が柔らかくてとてもいい。 オリヴィエのスタイルと14年のキャラの相性はやはりバッチリだ。 飲み頃:今〜2040年 ■ワイン名(原語)/Morey-Saint-Denis Clos Solon Olivier Jouan ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/オリヴィエ・ジュアン ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■内容量/750ml モレ サン ドニ クロ ソロン 2014 オリヴィエ ジュアン 赤ワイン S 100%新品,格安

ニュイ サン ジョルジュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ルー デュモン 赤ワイン 格安,爆買い

INFORMATIONNameNuits Saint Georges Vieilles Vignes V.V. Rouge Lou Dumontブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルー デュモン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ニュイ サン ジョルジュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ルー デュモン 赤ワイン 格安,爆買い

シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ ボード 2016 ルイ ジャド ドメーヌ ガジェ 赤ワイン S 品質保証,人気SALE

INFORMATIONNameChambolle Musigny Premier Cru les Baudes Louis Jadot (Domaine Gagey)ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ ジャド(ドメーヌ ガジェ)産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・ボードRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/les Baudes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ ボード 2016 ルイ ジャド ドメーヌ ガジェ 赤ワイン S 品質保証,人気SALE

シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ クラ 2016 ユドロ バイエ 赤ワイン tp

『このワインはいつもいいなあと改めて思い直す。』 ■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ ひと嗅ぎした瞬間 「16年もレ・クラの方がレ・シャルムよりいい」 と感じた。もち、僅かな差なんだけど。よりミネラリーで、より密度感もある香りなのだ。口に含むとより心地良い凝縮感があり、ミネラリーで、より力強い(しつこいけど僅かな差)。そして 何より美味しい 。スタイルもとてもブルゴーニュしており、このワインはいつもいいなあと改めて思い直す。 ◆今飲んで:92+点 ◆ポテンシャル:93+点 ◆飲み頃予想:2020〜2048年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameChambolle-Musigny Premier Cru Les Cras Hudelot-Bailletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ユドロ・バイエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・クラRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Cras内容量750mlWA(92 - 94)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《ブルゴーニュの新星》 数量限定! 今や、超入手難! 『新ブルゴーニュ』 を代表するひとりとして、一躍その名を知られるようになったのが、確か、5年ほど前の事。 【ワイン専門誌の評価】 『進化が止まらない』 『この感触は、何かに似ていると思ったら、それは同じ シャンボルの天才 、クリストフ・ルーミエが』 (『リアル・ワイン・ガイド誌23号』より抜粋) と、年々、向上し続ける造り手のレベルに惜しみない称賛を与えられ、 瞬く間に入手難 になりました。 そんなユドロ・バイエ。最初の過熱気味の人気は落ち着きを見せ、今、 本当の意味で、評価される時 がやってきています。 そして、その実力は 『本物』と、実感する機会 に恵まれました。 先日、友人とのホーム・パーティーでの事。ユドロ・バイエのブルゴーニュ・ルージュの2007年が、持ち込みワインの中にあったのです。 2007年といえば、ユドロ・バイエとしては、あまり高く評価されなかった年。 でも、そのワインは、とてもバランスの取れた、心地よい果実味が広がる、 ピノ好きを魅了する味わい になっていたのです♪ 当日は、『ワインは飲むけど、詳しくない。』というメンバーも含んでいたのですが、そんなメンバーをも… 『あっ、コレ美味しい♪』 と、ひと口で言わせてしまったほど! それまでにも、既に数本のワインが開き、その後、某有名ドメーヌのヴォルネイ一級の1994年が開いたにも関わらず、そのメンバーは 『あっちの方が好き!』 と、言っていました(^_^;) そう、ユドロ・バイエとしては、おそらくこの5年でも、最も評価が高くなかったと思われる、2007年で、 この魅了ぶり! 残念ながら、2007年のブルゴーニュ・ルージュは売り切れてしまいましたが、パストゥグランとシャンボール・ミュジニーVVなら、ご用意出来ます! そして、 待望の2009年が入荷! 『リアルワインガイド誌』 でも、その出来栄えを讃えられています! ■『リアルワインガイド誌34号』より抜粋■ 『09年のバイエは絶対に良いワイン』だ。 果たしてその予想はピタリと当たり、下位〜上位の全てのワインがそのクラスに応じてとても良い仕上がり。 ACブルはほとんど村名クラス かという中身の充実ぶりと味つきの良さだ。 そして 上位のワインはさすがの出来。 確かに09年のキャラがキチンと出ていて皆甘く、酸度がやや低いがワインはジューシーでみずみずしく、とても美味しい。 ユドロ・バイエ・ファンは安心してこの09年を購入できるし、未飲の方は 是非試してみて欲しい。 折角、一時の入手難ぶりが収まったのに、また 2009年で、再燃しそうな勢いです(汗) そして、 その実力は本物に! ユドロ・バイエ、 ご紹介します!! シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ クラ 2016 ユドロ バイエ 赤ワイン tp

ショレ レ ボーヌ 2006 レシュノー 赤ワイン tp S 定番人気,低価

貴重な熟成物♪ ポンソ、ルソー、デュジャックなどの、ブルゴーニュの超一流所にならび称される、 今、最も注目の新進気鋭ドメーヌの1つ が、このレシュノーです。 そのナチュラルな造りから生まれる、バランスのとれたエレガントさと、シッカリと凝縮した満足度の高いワインで、人気は、グングンと上がっています♪ でも、これだけの人気と高い評価にも関わらず、ブルゴーニュの生産者としては、まだ 良心的な価格 のため、手に入れやすいのも嬉しいです(^_^)v 手に入れられる、 今のうちが、勝負!? 貴重なレシュノーの熟成物を手に入れるなら、今ですよ! INFORMATIONNameChorey les Beaune Lecheneautブドウ品種ピノ・ノワール生産者名レシュノー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ショレ・レ・ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chorey Les Beaune内容量750mlWA86/Issue 22nd Dec 2009WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ショレ レ ボーヌ 2006 レシュノー 赤ワイン tp S 定番人気,低価

ポテンティア 2012 ルー ベアティトゥディネム 泡 白 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT

ルー・デュモンの仲田さんが! ■輸入元様資料より抜粋■ セル・シュル・ウルス村の優良区画『ヴァル・シャンピニャ』産の ピノ・ノワール100% によるブラン・ド・ノワール。 粘土石灰質土壌。樹齢約45年のVV。『ルー・デュモン』の醸造に使用した樽を一部用いて100%樽で発酵後、8ヶ月間樽熟成。ドザージュは約5g/l。 『ポテンティア』 はラテン語で、 『力強さ』 という意味。 年間1800本の 限定生産作品 です。 ■ワイン名(原語)/Potentia Lou Beatitudinem ■ブドウ品種/ ■生産者名/ルー・ベアティトゥディネム ■産地/フランス/シャンパーニュ(シャンパン) ■内容量/750ml 仲田晃司 NHK プロフェッショナル ポテンティア 2012 ルー ベアティトゥディネム 泡 白 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 新作,格安

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑) イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 新作,格安

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ ル カイユレ 2015 ラ プス ドール 白ワイン 低価,大得価

INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Le Cailleret La Pousse d'Orブドウ品種シャルドネ生産者名ラ プス ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/ル・カイユレRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Le Cailleret内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ ル カイユレ 2015 ラ プス ドール 白ワイン 低価,大得価

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ ピュセル 2017 ポール ペルノ 白ワイン HOT,お得

■輸入元様資料より抜粋■ 柔らかで明るく淡い黄緑色。 レモンとエキゾチックな花のアロマ 。 潰した熟れたリンゴ とドライな要素。とてもエレガントで広がりがある。 フォラティエールのような緻密さよりも、より大らかな印象。 よりエキゾチックさが備わりライチのヒントも感じられます 。 とてもスケール感のあるワイン。ボディもしっかりとしており、スケール感がある造りですが、 比較的若いうちから充分に楽しめる造り 。 ビアンヴニュから道を隔てただけの恵まれた区画と別に1つ区画を有し、総面積0.4ha所有。樹齢約50年。 INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Les Pucelles Domaine Paul Pernotブドウ品種シャルドネ生産者名ポール ペルノ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/レ・ピュセルRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Les Pucelles内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ ピュセル 2017 ポール ペルノ 白ワイン HOT,お得

ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ クロ ド ラ マレシャル 1998 フェヴレ 赤ワイン tp S 安い,人気セール

ブルゴーニュ通にオススメ! ブルゴーニュ通 の方なら分かると思うのですが、ブルゴーニュのグラン・クリュって、お金に糸目さえ付けなければ、どんなワインでも見つけることって可能ですよね。 でも、プルミエ・クリュのワインで、 熟成した物って、必死に探しても、殆ど見つかりません…(汗) そんなブルゴーニュ好きの悩みを解決できるワインを見つけてきました〜! ブルゴーニュの名門フェヴレ が造るニュイ・サン・ジョルジュの プルミエ・クリュ《クロ・ド・ラ・マレシャル》 です!! 20年の熟成 を経たクロ・ド・ラ・マレシャルを飲めるだけでも幸せかも♪ INFORMATIONNameNuits Saint Georges Premier Cru Clos de la Marechale Faiveleyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フェヴレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ/クロ・ド・ラ・マレシャルRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges/Clos de la Marechal内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『神の雫』に掲載! 『サラリーマンのロマネ・コンティ』と 評された逸品!! 『飲みたい!』 この記事を読んで、自分が飲みたさに、即効仕入れてしまいました(笑) そう! 先日、 『神の雫』 のコラムを読んでいると、フェブレのワインが大絶賛! しかもしかも、これだけ絶賛で、3千円台なんです! 『これは、沢山の方に飲んで頂かなければ。』 そんな、一種の使命感を感じつつ(笑)、一足お先に、実店舗の店頭に並べてもらったその日の夜の事。 ワイン売り場を歩いている時、、ふと目に付いた、ポッカリ商品が無くなっているスペースが! 近寄ると、今朝出したばかりの、この、フェヴレイのメルキュレイ・クロ・デ・ミュグラン2002じゃないですか! 確かに、記事のコピーは置いていたものの、近づいて読まなければ分からない程度にしかご紹介していなかったのに、です。 そう、私だけでなく、先に店頭でこの記事を目にされた方も、読めば飲まずにいられないのです。 だって、3千円台なんですから♪ この記事を読んで、飲まずにいられる方がいらっしゃれば、どうしたらそんなに我慢強くなれるのか、教えて欲しいくらいです(笑) ロマネ・コンティは今や、100万円もザラ。 それでも、簡単に手に入るとも限らないという、超高嶺の花! でも、ロマネ・コンティは買えなくて、もコレなら、まとめ買いする勇気も起きるってもんです(笑) 3千円台で買える、 『リーマンのロマネ・コンティ』 入りました〜! ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ クロ ド ラ マレシャル 1998 フェヴレ 赤ワイン tp S 安い,人気セール

バタール モンラッシェ グラン クリュ 2009 ドメーヌ ルフレーヴ 白ワイン tp S 超激得,人気

96点 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手 と言っても過言ではないのが、このドメーヌ・ルフレーヴ。 全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手 といっても、これまた過言ではないと思います。 そんなルフレーヴが造るグランクリュといえば《 モンラッシェ 》《 シュヴァリエ・モンラッシェ 》《 バタール・モンラッシェ 》《 ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ 》ですよね♪ そんな特級畑の《バタール・モンラッシェ》から、96点という極上の評価をされた 2009年物 が入荷しました! ワインとの出会いは、一期一会です。 是非、このチャンスにお買い求め下さい! ■『ワイン・アドヴォケイト196号』より抜粋■ The 2009 Batard-Montrachet positively explodes from the glass. Round, sweet and expressive, the wine saturates the palate with masses of fruit in a bold, powerful style that is utterly irresistible. The finish is intense and resonant in all directions. Remy notes that the Batard is the only 2009 above 14% in alcohol. Anticipated maturity: 2017+. Domaine Leflaive is one of the pioneers in biodynamic viticulture in Burgundy. The first experiments began in 1990 and by 1997 all of the vineyards had been converted to biodynamic farming. Winemaker Eric Remy describes the 2009 growing season in considerable detail. The winter was long but mild. The last frost occurred on March 23. Temperatures were normal until the last week of the month, when the weather turned warmer. Flowering began on May 22. The rest of the spring and summer were warm, while a big storm in mid-July dropped 8cm of rain. The rest of the summer was quite warm. The harvest began on September 5, about ten days earlier than normal. Average yields were around 45 hectoliters per hectare. The wines were aged for 12 months in oak followed by 6-8 months in steel. New oak ranged from 10% for the Bourgogne, 15% for the villages, 20% for the premier crus and 25% for the grand crus. The 2009s were bottled between April and June 2011. ◆ロバート・パーカー氏評:96点 ◆飲み頃予想:2017年 INFORMATIONNameBatard Montrachet Grand Cru Domaine Leflaiveブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ルフレーヴ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/バタール・モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Batard Montrachet内容量750mlWA96/Issue 31st Aug 2011WS92/Issue Aug 31, 2012※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating バタール モンラッシェ グラン クリュ 2009 ドメーヌ ルフレーヴ 白ワイン tp S 超激得,人気

クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 得価,品質保証

INFORMATIONNameClos Vougeot Grand Cru Domaine Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴージョ/クロ・ヴージョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vougeot/Clos Vougeot内容量750mlWA(91 - 93)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 得価,品質保証

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ ガレンヌ 2017 ポール ペルノ 白ワイン 大人気,人気SALE

■輸入元様資料より抜粋■ 明るく輝く黄緑色。とても純粋なライム葉のアロマ、石やスペアミントの芳香。 ライムと砂糖漬けミントのフレーヴァー 。 とても精密でテンションがあります。 レモン 、 ライム と 砕いた石 、 ハチミツ 、 スペアミント 、 フローラル 、 ヒッコリー 、 鉱物 など香りの要素が豊富。 深みがあり、エキス分が多く、良く熟している果実はとても純粋でエレガントの極み。 デリケートで繊細な香りで熟度が高く 、 ジューシーでとてつもなくクリーンでピュアな果実味 。 他社が同畑をモノポールと名乗っていますが、Paul Pernotではその他社よりもかなり前から所有。正確には単独所有ではないので、Paul Pernotのラベルにはモノポール表記無。通常新樽比約35%。 平均樹齢61年。2017年収量45hl/ha。 INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Clos de la Garenne Domaine Paul Pernotブドウ品種シャルドネ生産者名ポール ペルノ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/クロ・ド・ラ・ガレンヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Clos de la Garenne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ ガレンヌ 2017 ポール ペルノ 白ワイン 大人気,人気SALE

シュヴァリエ モンラッシェ グラン クリュ レ ドゥモワゼル 2000 ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 本物保証,得価

INFORMATIONNameChevalier Montrachet Grand Cru Les Demoiselles Domaine Louis Latourブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/シュヴァリエ・モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Chevalier Montrachet内容量750mlWA(89 - 90)/Issue 21st Dec 2001WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! シュヴァリエ モンラッシェ グラン クリュ レ ドゥモワゼル 2000 ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 本物保証,得価

ジュヴレ シャンベルタン 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 香りは閉じている。ビオカレンダーでの試飲に向かない日は、ナチュラルなワインほどより影響が出る。とは言っても、 しっとりときれいな赤黒果実が漂っている のは確か。 口に含むと、こういう日なのにうま味とエレガンスとナチュラルさをしかと感じる。 こりゃ美味しい。酸がきれいで心地よい凝縮感もある 。 つまりバツグンの仕上がりということなのだ 。 ◆今飲んで:91点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameGevrey Chambertin Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ジュヴレ シャンベルタン 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

シャブリ プルミエ クリュ フォレ 2010 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン tp S 人気,大得価

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 Outstanding! シャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、入手難でも知られるのは《ドーヴィサ》と、《ラヴノー》。 両生産者とも、市場に出てくる事が非常に稀で、入荷してもアッという間に完売します。 そんな中、 プルミエ・クリュ (=1級畑)の中でも 人気の高いラ・フォレ が入荷しました! しかも、 評価の高い2010年 です(^_^)v burghound.comによると、 Outstanding で Terrific なワインとの事なので、 シャルドネ好き は、お見逃しなく! ■burghound.com 48号より抜粋■ Producer note: The always direct Vincent Dauvissat candidly calls 2011 a 'precocious vintage that gave us better volume than did 2010 though due to an early season hail, we were down roughly 30% in the grands crus. August was variable but hot enough to burn up much of the malic acidity. I elected to begin picking on the 1st of September as potential alcohols were in the 12% to 12.5% range, which is plenty for our style and I wanted to preserve as much acidity as possible. The September weather was notably warm and in combination with the low levels of malic acidity, the malos were finished by Christmas. In all my years of doing this, I have never had such an early finish to the malos and I include 2003 in that statement. As to the wines themselves, they're round and easy to like, in fact they remind me quite a bit of the 2009s.' While it is perhaps no great surprise, the quality that I saw last year from cask has been successfully transferred to bottle and the Dauvissat 2010s are nothing short of brilliant. Note: Because I often get this question I will add that according to Vincent Dauvissat, the Dauvissat-Camus wines are 100% identical to those that appear under the Vincent Dauvissat label. (Vineyard Brands, www.vineyardbrands.com, Birmingham, AL for R&V Dauvissat and Classic Wine Imports, www.classicwineimports.com, Boston, MA, Grape Expectations, e-mail, mike@grapex.org, Richmond, CA for Dauvissat-Camus; Justerini & Brooks, www.justerinis.com, Lea & Sandeman, www.leaandsandeman.co.uk, and Domaine Direct, www.domainedirect.co.uk, The Rare & Fine Wine Company Limited, www.therareandfinewinecompany.com, all UK; Sequin & Robillard/Vinifera, www.seguinrobillard.ca, Canada). Tasting note: This is also beautifully perfumed with pretty notes of ripe but cool and airy aromas that are comprised largely of classic Chablis scents. The broad-shouldered flavors are impressively rich and possess excellent volume on the intensely mineral, bone dry and explosive finish that goes on and on. I very much like the balance and this has everything it needs to age successfully for years if desired. Terrific. Outstanding Tasted: Sep 10, 2012 Drink: 2018+ Note: most growers declare this as Montmains 評価: 93点 INFORMATIONNameChablis Foret Dauvissatブドウ品種シャルドネ生産者名ヴァンサン・ドーヴィサ産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリRegionFrance/Bourgogne/Chablis内容量750mlWA-/Issue -WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑) シャブリ プルミエ クリュ フォレ 2010 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン tp S 人気,大得価

ムルソー プルミエ クリュ レ シャルム 2016 ルイ ジャド 白ワイン S 大人気,格安

INFORMATIONNameMeursault Premier Cru Charmes Louis Jadotブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ムルソー/シャルムRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Meursault/Charmes内容量750mlWA(89 - 91)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムルソー プルミエ クリュ レ シャルム 2016 ルイ ジャド 白ワイン S 大人気,格安

シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ アベイ ド モルジョ 2015 バンジャマン ルルー 白ワイン tp S 限定SALE,新作

INFORMATIONNameChassagne Montrachet Premier Cru Abbaye de Morgeots Benjamin Lerouxブドウ品種シャルドネ生産者名バンジャマン・ルルー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/シャサーニュ・モンラッシェ/アベイ・ド・モルジョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chassagne Montrachet/Abbaye de Morgeots内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 2019年1月23日ジャスパーモリスMWが認めたといわれる実力派 ブルゴーニュの造り手の中で『赤も白も上手』とあのジャスパーモリスMWが認めたといわれる実力派、バンジャマン ルルー氏がご来店下さいました! コントアルマン時代から頭角を現し、すでにその実力が知られていたバンジャマン ルルー氏。彼の独立時に心躍らせた方も多いのではないでしょうか。 自社畑も持ちつつ、買いブドウで手掛けるネゴスものも併せて30ほどのキュベを造っているバンジャマン氏。 『多いのでは?』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが『ブルゴーニュでワイン造りをしているんだし、そのチャンスがあるんだから当然の流れだよ。』とのコメントに納得です。しかも、1キュベ多くて900本までなので、大量生産のネゴスとは全く違う方向性で、《バンジャマン ルルーならではのワイン》を手掛けています。 彼のワインは、村名ワインでもプルミエ・クリュの若木などが使われている事も多いそうで、『若木って何歳位まで?』と、聞くと、『15年』とのこと。多くの人にとっては5年くらいまでを若木と言うと思いますが、彼にとってここにも妥協はありません。しかも、もっとびっくりするのは『じゃ、古木は?』と、聞くと『90年』と・・・恐るべし、バンジャマン。 2016年は、霜の影響などで生産量が極端に落ちた地域もあったものの、結果的に収穫出来たブドウは素晴らしいものになり、優れた生産者は魅力的なワインを生み出しています。もちろん彼もその一人。2016年の生産量の少なさについても自然相手の仕事ゆえ仕方ないことと受け止め、前に進んできたようです。 自ら多くは語りませんが、話を聞いているとそのワインの品質の高さの理由に気付かされる、バンジャマン ルルー氏のワイン。 是非皆さんも飲んでみて下さいね! シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ アベイ ド モルジョ 2015 バンジャマン ルルー 白ワイン tp S 限定SALE,新作

ハーフボトル コルトン グラン クリュ ドメーヌ ラトゥール 2006 ルイ ラトゥール 375ml 赤ワイン S 新作入荷

飲み頃&飲みきりサイズ♪ 以前お会いしたお客様が… 『たくさん飲めないけど、美味しい熟成ワインが飲みたい。』 そう仰っていた事が印象に残っていました。 開けた後の変化を長く楽しみたいワインもあるものの、熟成ワインは開けたら飲み切りたいという方が多いと思います。 フル・ボトルの750mlは多いので残ってしまう。かといって、 ハーフサイズの良い熟成をしたワイン を手に入れるのは、容易ではありません…(涙) そんな訳で、気になりながらも月日は流れていましたが、とうとう、チャンスがやって来ました! 名門ルイ・ラトゥール の、熟成ブルゴーニュのハーフサイズをリストに発見し、現地からサンプルを取り寄せスタッフで試飲。 納得したワインだけを買い付けました! 熟成ワインを比較的見つける事の出来るルイ・ラトゥールですら、熟成したハーフ・ボトルのオファーを見つけるのはほとんどありません。 『たくさん飲めなくても、ワイン好きの皆様に美味しい熟成ワインを楽しんで頂きたい。』 そんな思いを込めて、 『フル・ボトルよりも良心的かも!?』 という驚きの価格でご紹介します! 家飲み派もレストランさんも、このチャンスをお見逃しなく!! 干したフランボワーズ や土、クローヴや ナツメグ 、赤い花のドライフラワーなどの香りが香ります。味わいは、香りのニュアンスが全体に溶け込み、 しみじみとした美味しさ が広がります。 アタックはおとなしい印象なものの、徐々に コルトンらしい立体感 と充実した味わい、程よい主張がありつつしっかりと味わいを際立たせるタンニンが広がる様は、 さすが、コルトンの帝王、ルイ・ラトゥールと言える味わい です。 (2018年9月試飲) 熟成感が見てもとれる淵 がオレンジのガーネット。 ドライフラワーとなったバラ 、 ドライフルーツのフランボワーズ 、クローヴや枯葉や茶葉の香り。 香り同様のニュアンスが感じられる味わいは、 しみじみと滋味があり 、 落ち着いた美味しさ です。 グランクリュらしく骨格がしっかりとしていて、 豊富なタンニンはパウダーのように細やか になっていて、長い余韻を楽しめます。 さすがはコルトンの帝王、ルイ・ラトゥール!! 「足りない」「もっと飲みたい」って思うかもしれませんが、そのあたりで終わるのが、さらに美味しさをアップさせてくれるのかも♪ INFORMATIONNameCorton Grand Cru Domaine Latour Louis Latourブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/アロース・コルトン/コルトンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Aloxe Corton/Corton内容量375mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! ハーフボトル コルトン グラン クリュ ドメーヌ ラトゥール 2006 ルイ ラトゥール 375ml 赤ワイン S 新作入荷

ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ボーモン 2016 オレリアン ヴェルデ 赤ワイン tp S

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 閉じてるけど良い香り。実際そういう雰囲気が漂っているし、 何より右脳が反応するから 。 口に含むとたとえ1erでも状態は同じで液体がギュッと縮こまっている。なので美味しいのは美味しいけど本来の20%くらいの表現かなあ。試飲時は。 そのポテンシャルは口中の液体の質感でキチンと探ることができる 。 ともかく開いたら極楽の1erワイン 。 ◆今飲んで:92+点 ◆ポテンシャル:94点 ◆飲み頃予想:2020〜2048年 (2018年4月試飲) ■輸入元様資料より抜粋■ 2009年からの借地で斜面に位置するレ・ボーモンの畑に植わる平均樹齢45年のピノノワールをステンレスタンクで発酵、木樽に移しマロラクティック発酵後14 ヶ月熟成しました。 濃厚なルージュの色調からブラックベリーや白樺、白胡椒の香りを感じます。 強めのファーストアタック、ベリーの熟したニュアンスとタンニンのバランスが好印象でほんのり感じる苦みがアクセントとなります。 INFORMATIONNameVosne Romanee Premier Cru Les Beaux Monts Aurelian Verdetブドウ品種ピノ・ノワール生産者名オレリアン・ヴェルデ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/レ・ボーモンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Les Beaux Monts内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 自然体の完成度 上品な味わいが絶妙の 若手実力派ブルゴーニュ! 『リアルワインガイド誌54号』で… ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ さあ、久しぶりの 大褒め殺し大会 が始まる。 多分これは 07年のフーリエ以来 じゃないかと思うし、こうやって紹介するとこのドメーヌ&メゾンに一時的に人気が集中して、ひと段落するとそれで終わりになるかもしれない事が真剣にイヤなんだけれど、 しっかり紹介せずにはいられないワイン達 なので、それまでフツーに購入出来ていたワインが突然買えなくなってしまう事も覚悟して書く(しかない)。 という冒頭からはじまり、紹介された、オレリアン・ヴェルデが、 大変なことになっています! 本当に、輸入元さん在庫が、見る見るうちに ほぼ完売 してしまったのです(汗) ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ ともかくワインは 凄まじいパフォーマンス と『これだよ、これ!』という、 清く正しいブルゴーニュ のスタイルで、そこにナチュラル感が加わっているからもう大変。 しかも価格はお手頃ときたもんだから、 胸を張って堂々と褒め殺したい 。 何もかもが素晴らしいワイン達 であり、ブルゴーニュの 格付けの意味がどこかへ吹っ飛んでしまう というか、意味をなさないとまで言いたくなるワイン達なのだ。 ともかく騙されたと思って飲んでみ。 タカムラでも今までにも、時々ご紹介させて頂いていたので、 この注目度ぶり が嬉しいような、複雑なような… そんなわけで、 限られたキュベ ですが、今回確保できた分を、ご紹介します! フーリエ以来の褒め殺しっぷり! オレリアン・ヴェルデです! ■『輸入元様資料』より抜粋■ コートドールの中心ニュイサンジョルジュ村から西に約10キロ、山道を走り抜けるとARCENANT(アルスナン)村に到着します。 1604年からこの地に住む ヴェルデ家は、父アラン・ヴェルデが 1971年よりビオロジック農法を開始 し、ブルゴーニュの中でも自然栽培の先駆者として知られています。 オレリアンは18歳からの3年間、モーターバイクレースの フランスナショナルチームの選手として活躍 していましたが、危険がつきまとう仕事であったため以前から興味のあったワイン造りに舵取りを変更、 22歳で成人向けのワイン育成コースに入門 します。 ビオロジックさらにビオディナミ農法を学ぼうと研修先に選んだのは、 ギィ・ボサールとマルク・アンジェリ 、父から受け継いだ伝統をベースに 更なる自然志向 を深めて来ました。アランのブドウで初めて醸造を手がけたのが2003年、翌年には引退を決意したアランから、オート・コート・ド・ニュイの畑とアルスナンの醸造所が受け渡されました。 2004年ヴィンテージで鮮烈なデビューを果たしたオレリアンは、ブルゴーニュの若手造り手の中でも 実力派として認識されるようになり 、多くの愛飲家の期待を一身に受けワイン造りに邁進してきました。2008年にはブドウ購入が大変難しいとされる ヴォーヌロマネの畑 を幸運にも引き継ぐ機会に恵まれるなど、コートドールでのワイン造りにも情熱を傾けています。 「私より強い自然志向」と父のアランも太鼓判を押す オレリアンは、畑には自然肥料しか与えないことで土中の生命を活発化させ、そこから生まれるブドウの視覚、聴覚、味覚など 官能特性を引き出し ワインに表現しています。高収量を避けるためブドウ樹は短く剪定、初夏には太陽の光を取り込むため部分的に葉摘みを行い、厳選した選果のもと手摘み収穫します。 2008年には最適な衛生状態を保つため 醸造所を新装 しました。温度管理付のステンレスタンクを導入し、キュヴェゾン(浸漬)時のmout(果もろみ)の温度を完璧に保つことを重要視しています。キュヴェゾンで色とタンニンを最大限に抽出する代わりに、タンニンが出過ぎないようピジャージュは控えています。これらの作業は目が離せないので時間を要しますが、むやみやたらなブルゴーニュワインの価格高騰を疑問視するオレリアンは 「だからこそ品質と価格が見合ったワイン造りをするべきだ」 と言います。 醸造所の投資額は目を見張るもので、覚悟を据えたオレリアンの眼差しは2007年に会ったときよりも数倍光り輝き、また揺るぎないものへと変化していました。 繁忙期に家族の手を借りるぐらいで ほとんどの作業を一人でこなし 休みなしに働くオレリアン。伝統と革新を地で行く、 これからがますます楽しみな生産者 です。 肩肘張らない 自然体の完成度 で、綿密なミネラル感、伸びやかな酸、 上品な味わいが絶妙のシンフォニーを奏でます 。伝統的なオート・コート・ド・ニュイは言うまでもなく、ニュイ・サン・ジョルジュを代表とするコートドールのプリミエクリュと村名ワインは、その年々の気候条件を考慮し、それぞれの テロワールのキャラクターを見事に表現 しています。 ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ボーモン 2016 オレリアン ヴェルデ 赤ワイン tp S